コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

こもった声と夫婦喧嘩


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


http://www.flickr.com/photos/36509406@N08/5971373847

photo by tj013579

ジャイアント馬場さんを例に出すまでもなく、巨大な人間ってのは声がこもって聞こえたりしますね。で、ぼくって181㎝で、まあデカいほうです。そして例外ではなく、ぼくの声もちょっと(だと思ってる)こもって聞こえるそうな。


聞き返す女、聞き返されたくない男

なので、カミさんからいつもしゃべったことを聞き返されたりします。「え?なんて?」みたいな。

そして困ったことに、ぼくってば同じことをその場で2回話すのが大嫌いなのてです。言ったことを聞き返されたりしようもんならソッコーで機嫌が悪くなったりします。なんてワガママな。でもイヤなんだかしょうがない。

で、結果、聞き返された俺は「もういい!」なんて逆ギレをするワケなんです。 


ボケも聞き返される

最悪なのは、ぼくの渾身のボケを聞き返された場合です。ボケなんてポッと言ってすぐにワッ笑って欲しくて言ってるのに、「え?なんて?もう1回言って」とか言われた日にゃ、「もういい!」となります。

 この場合、もう1回言っても確実に笑いにはなりません。だから「もういい!俺のボケを殺しやがって!」となっちまうのです。


喧嘩の原因

しかし、カミさんに「もういい!」と言うと確実に「なにそれ!」となります。そりゃそうです。聞き取れなかったから聞きなおしてるのに、聞き返しただけで「もういい!」とは何事か、という当然の理屈ですね。「なにそれ!」とやられたぼくは「だからもう言わん!」となります。

ウチの夫婦喧嘩の始まり、というワケです。無駄な喧嘩です。

あぁ、ぼくもよく通る声が欲しいなぁ。そしたら不毛な喧嘩も減るのになあ。