読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

こんなブコメはイヤだ!

はてな ブログ

★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

はてな界隈で影響力を発揮するはてなブックマーク。単純に、ブックマークされその数が多くなってくるとそのページは拡散されます。そしたらむっちゃ読まれて承認欲求がこれでもかと満たされます。

そのはてブの際に付けられるブコメ。称賛、肯定、同調もあれば、批判、反対、誹謗中傷もあります。

今回はその香しきブコメのお話。

 

ブコメ全て読んでるよ!

ぼくは基本的にぼくの記事に付けられたブコメは全部読んでます。

はてブがついて拡散されれば拡散されるほど、それがイヤなのか拡散されたからぼくがくだらないことをネットの海に流してるのが許せないからなのか、否定的なブコメの嵐がやってきますが、それらも全部読みます。

ここで自分が認められてないことを見たくない人や、攻撃されすぎてブログやめちゃう人まで出てますが、ぼくはへっちゃらなので全部読んでます。

むしろ、否定的なブコメのほうが学ぶことは多いですし。

そして、聞くべき意見は聞いて、聞く必要のない意見はガン見して華麗にスルーします。

「ガン見して華麗にスルー」。はてなに来てから何回書いただろう(笑)。

 

しかし、中にはホントに読んでも仕方がないブコメもあるのです。ここからは、それを上げていきましょう。

題して、こんなブコメはイヤだ!

絵がうごく!こんな○○は××だ! [DVD]

 いってみよう!

 

こんなブコメはイヤだ!

その1.よく読んでない

どうも書いてる内容と若干ズレてるよ、と言ってあげたい。「そんなの違うよ!」と言ってくれるのはありがたいのですが、「そんなの」の部分を読み違えてる人、結構いるんです。

 

その2.そもそも読んでいない

なんでしょう、このタイトルならこう書いてるに違いない!と思い込んで書いてるとしか思えないコメント。批判してくださってることがアサッテなほうへぶっ飛んでいて読んでいて楽しいんですけど、頼むから記事読んで。タイトルみて新しい記事を作った挙句にその記事にツッコんだりしてないで読んで。頼むから。

 

その3.誤字脱字への執拗な攻撃のみ

これについては記事として公開するときに完全に無くしておくべきことで、ぼくが悪いのです。でもさー、読めたでしょ。「アホやコイツ!こんな字間違えとる!」ってはてブしてブコメくれて、ありがたいんですけど、ゴメン、内容を読んでください。読めたんだから許してください。悪いのはぼくですが。

 

その4.一生懸命上に出る

「こんなこと書いてるけど、それだったら俺のほうがスゴいもんね!」って自慢?それはスゴいことですが、それ自分でブログ開設してそっちに書いたらいいのでは。自慢できるよ。ブコメではレスポンスをください。

 

その5.釣りとか決めつける

おそらく、この記事にもそういったブコメがつくんじゃないでしょうか。いや、牽制してるんじゃないからね?

 

その6.単なる誹謗中傷だ

「バカですね」とか「氏ね」とか。もっといくとぼくについて知ってることを攻撃してくる人ね。以前、ある記事でぼくの後退した額の画像をアップしましたが、それをみてからハゲハゲ言って来る人もいるのかしら。小学生男子か。

ちなみに。

dabunmaker.hatenablog.com

 

その7.妬み嫉みだ

ぼくが人気の記事をバンバン書くもんだからそれを妬んでやってくる人。たくさんあるはずなのに、こういうブコメだけはなぜかぼくの目に止まらないという不思議な現象が起こっている。人気の記事をバンバン書いてるのに、おかしいなぁ。

 

まとめ

要するに、上記を改めて考えてから炎上している記事のブコメを見てみると、批判したいから批判するって人が多い気がしますね。

批判は、悪くないんですよ。ぼくの意見がおかしいと思って、どうしてもそれをぼくにぶつけてくるならば、ぼくは喜んで読んで学ばせていただきますよ。たとえそれが理論的じゃなくって感情的なものであっても。ぼくだって理路整然と記事を書けているわけじゃないですからね。そこはお互いさまということで。

でも、批判するために批判しているコメントは反応しようがないんです。だって書いた人の中で全部完結しちゃってるんだもの。そこにぼくのはいる余地はありませんよ。

そんなわけで、今日も今日とて面白いブコメを待ってます。

 

ではまた。