読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

メジャーリーグ伝説のプレイヤー、ホセ・カンセコは宇野勝だった!証拠動画あり!

スポーツ

★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ホセ・カンセコといえば、メジャーリーグの伝説の打者です。80年代後半から90年代にかけて大活躍した選手です。

ホセ・カンセコ/Jose Canseco 1997 Circa Rave 150枚限定!

1988年には42本塁打40盗塁でフォーティフォーティを史上初で達成したり、本当に記憶にも記録にも残る選手でした。

そんな彼が日本を代表するホームランバッターだった宇野勝だった?どういうことでしょう。

といいつつもいつの間にかカンセコも昔の選手。まずはカンセコについてから書いていきましょう。

ホセ・カンセコって?

ホセ・カンセコ・カパス・ジュニア(José Canseco Capas, Jr. , 1964年7月2日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身のプロ野球選手(外野手、指名打者)。右投げ右打ち。元MLB選手で元総合格闘家。現在は独立リーグであるパシフィック・アソシエーションのピッツバーグ・ダイアモンズに所属している。

愛称は"The Chemist"(ザ・ケミスト)。

2005年に暴露本 『禁断の肉体改造』を出版してMLB選手の85%がアナボリックステロイドを使用している、もしくは使用した事があると述べ、大きな波紋を引き起こした。元MLB選手で、日本プロ野球にも所属したオジー・カンセコは一卵性双生児の兄。

引用元:ホセ・カンセコ - Wikipedia

そうなんです。フォーティフォーティなどの記録を残した偉大な選手でありながら『禁断の肉体改造』でホントかウソかの大暴露をしちゃって、そっちのほうで覚えられちゃってるのがもったいない選手です。

さらに言うとこの本は「過去に使ってましたゴメンナサイ」という内容ではなく「ステロイドすげぇ!ホームラン打てるしナニはデッカくなってモテモテだし!」という内容でしたのでこれまた物議を醸しました。

しかしそれは別の話。

ホセ・カンセコ=宇野勝説

今回は、どうやらカンセコが宇野勝らしい、という話をキャッチしたのでその真相を探ったところ、やっぱりカンセコは宇野勝のようです。

カンセコは宇野勝なのです、証拠の動画もありますよ!

どうぞ!

これは見事なホームラン!本人も実況も爆笑です。

これにはちょっとしたオマケの話がありまして。 試合後にナショナル・プロフェッショナル・サッカーリーグのハリスバーグ・ヒートがプロサッカー選手としてのオファーを出したとか何とか。まぁ、シャレでしょうけど。

本家本元、宇野勝の動画

さて、次に本家本元の宇野勝の動画を見ていただきますので、両社をよく比べてみていただければ。

どうぞ!

おおさすが!

テレビ番組『珍プレー好プレー』はここから始まったとも言われる、何度見ても見事なヘディングです。あの星野仙一が投げているときにこのプレーをするという、タイミングの良さも光ります。

最後に

両者のヘディングを見比べていただければ、カンセコは宇野勝だったというのも納得いただけると思います。

しっかし、どう見てもどっちのプレーもあり得ませんね。そうそう見られるモノではありませんので、しっかり堪能してください。

 

ではまた。