コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

デゼニランドに行ってきたからレポートするよ!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

とある晴れた日にデゼニランドに行ってきたのでご報告しますね!

え?ディズニーランド?なにそれ?デゼニランドですよ?

IMG_0521

さぁ、レッツゴー!

 

入り口

さぁ、楽しみにしていたデゼニランドにやってきたぞ!

チケット売り場に行ったら、頭にヘンなものをつけたお姉さんが「予約券がないと入れないよ」と言ってきたよ。

えー?入れないの!?困ったなぁ。

仕方なくデゼニランドの外をブラブラしているとロッカールームがありましたよ。床にはコーラの缶が捨ててあったので「もー、誰だよ」とか思いつつ捨てとこうと思って缶を持ち上げたらその下にはロッカーのカギが。

………。

開けてみよう。ロッカーのナンバーを確認して、同じナンバーのロッカーを開けたらなんとお金が入ってましたラッキー。

見つけたお金を握りしめてロッカールームから出たら、怪しいオッサンがいました。

ゴルゴ13みたいな顔にモヒカン、腹巻巻いてテキヤのおっちゃんみたい。とりあえず怪しい。通り過ぎようとしたらおっちゃんが言ったんですよ。

「チケット売ったるわ」

ママママジスカ!さっきロッカーでゲットしたお金でチケットをおっちゃんから譲り受け、これでやっとデゼニランドに入れるんだよ!

入ったよ!

中に入ると正面にインターナショナルバザールという、買い物が出来る施設がありました。

え?ワールドバザール?なにそれ?インターナショナルバザールですよ?

このバザールでぼくは浮き輪とライターとヘルメットを買いました。なんとなく、それらが呼んでるような気がしたので…。

さて、そろそろアトラクションを楽しもう!

 

瀬戸内海の海賊

まずは「瀬戸内海の海賊」だ!楽しむぞ!

え?カリブの海賊?なにそれ?瀬戸内海の海賊ですよ?

入ったら真正面にボートが。左右を見ると瀬戸内海の絵と、シールで開かないようになっているキャビネットが置いてあります。

絵を触ってみると、瀬戸内海の海図がポロっと落ちてきました。これは持っておこう。

そしてキャビネット。開けたい。

横に置いてあったバケツで水をかけたらシールの糊がはがれるかな?と思ってやってみました。そしたらドンピシャ、シールがはがれてキャビネットが開きました。中にはロウソクが入ってたのでもらっちゃいますねー。

そろそろ出発しましょう。ボートに置いてあるオールをしっかり取って海賊稼業に出発だ!

海図を見ながらしばらく進んだら島がありましたよ。桟橋があるのでボートをつけて降りてみよう!

桟橋からそのまま入口があって、中に入ると真っ暗。さっき買ったライターでさっき拾ったロウソクに火をつけてみたら見えるようになりました。良かった良かった。

先に進むと海賊旗をもった骸骨が手を振っててその前には長い骨が落ちてるので、もうこれはいただきましょう。

骨をいただいて先に進むと牢屋があって、その中には何かのカギがありました。このカギとかもいるでしょ、と思ったのでさっき拾った骨を使ってカギを手繰り寄せ、ゲットしましたよ。

さらに進むと難破船が。マストに十字架が付いていたのでゲットしましょう。それから下に降りる穴を通って進んだら青い壁がありました。どうも怪しい、と思ったのでオールでバーンと殴ってやりましたよ。そしたら壁が崩れました。そこにはなんと宝箱が!ラッキー!

牢屋でゲットしたカギが合ったので宝箱を開けることが出来ました。中にはナイフがありました。当然いただきます。

フト目を上げると、そこには出口が。これで「瀬戸内海の海賊」はおしまいです。

あー、面白かった!

 

ジャングルクローズ

次のアトラクションは「ジャングルクローズ」ですよ!

え?ジャングルクルーズ?なにそれ?ジャングルクローズですよ?

船にのって川を下っていきます。ゾウやワニやカバがいますよ楽しい。次はホラ、ゾウだワニだカバだ…。あれ?同じところ回ってない?

ぼくは業を煮やして、ずっと回ってるわけにもいかないので、川を泳ぐことにしました。対岸に上陸してしばらく進むとライオンがいました。

どうやら本物だし!怖いし!食われるし!ハッ!そうだ!さっきゲットしたナイフ!これで!

死闘の末、ライオンを倒しました。

ライオンの奥にはボロい小屋があり、その中の床が明らかに開きそうだったので開けてその中にあったツボをゲットしました。

小屋を後にしてさらに進むと神殿が現れました。正面の石像の顔の額に千昌夫のホクロのようなボタンが。それを押してもなんともない。押してもだめなら…。

というわけで神殿の通路に来ています。壁がヒビだらけで、砕けた壁が上から落ちてきまくります。そこでさっき買ったヘルメットが活きたわけですよ。

先に進むと扉があって開け方がわかりませんでした。でも扉の左側に石像があって、それをクルッと回すと開きました。単純なしかけやのう。

扉を通ってしばらく行くと、ココココココブラや!大変や!ハッ!ヘビ使い!あっ!ツボ!ヘビ使いのツボ!というわけでさっきゲットしたツボにコブラを入れて一件落着。

ふと目を上げると、そこには出口が。これで「ジャングルクローズ」はおしまいです。

あー、面白かった!

 

ホラマンション

さー、次のアトラクションです!次は「ホラマンション」です。

え?ホーンテッドマンション?なにそれ?ホラマンションですよ?

さて、おどろおどろしい洋館に一歩踏み入れますよ…。部屋。目の前には暖炉とその上に絵が飾っています。それしかありません。ぼくはおもむろに絵を掴み取り、暖炉に投げ込みました。

ドーーーーーーーーーーーーーン!!!!!

すさまじい爆発が起こり、目の前に通路が開けました。ラッキー。

扉が3つあったので赤い壁の扉を選んで進むことにしました。扉をあけるとそこは墓地でした。しかも和風の。出てくるオバケも和風です。そして火の玉も出てきたので、もらっておきました。さらに歩くとスコップも落ちてたのでゲットしておきました。

さらに進むとバサバサっとコウモリが出てきた!あーどうしよどうしよ!エーイ!と火の玉を投げてみたら見事コウモリに的中!コウモリを持っていくことにしました。

赤い壁の扉はこれで終わりみたい。

次に、緑の壁の扉に入ってみたらいきなりピアノのオバケが出てきた!!!ビックリやんけ!!!そいつが通路を塞いでいるのです。意地悪だなぁ。そしたらそのピアノ、しゃべりやがったんです。

「ボクコウモリノ血ガスキナノ…コウモリノ血ヲクレタラトオシテアゲル」

とか言われてもなぁ!アッ!さっきコウモリ捕まえてた!

そのコウモリにナイフを刺し、血をタラタラ~と出してあげたらピアノの野郎すんなり通してくれました。

先に進むと本棚がありました。前々から興味があった聖書があったので、持ってきました。

さらに進むとタンスみたいなケースがあり、中にロウソクがありました。もらいました(本日2本目)。

ここで一旦引き返し、今度は青い壁の扉をくぐってみました。行き止まり…。壁に紙が貼ってあって、そこに「なんとか工夫してみてください」とか書いてありました。ムカついたぼくはさっきゲットした聖書を壁に投げつけました。そしたら見事に壁に穴が開き、そこを通って先にいきました。

真っ暗です…。あ、さっきロウソク持ってきたんだった。というわけでロウソクをつけると目の前に階段がありました。

階段を上ると扉が2つ。一つに入るとそこはギロチン部屋でした。怖い。

もうひとつの扉を開けるとそこには棺桶がありました。十字架のところがくぼんでいます。ぼくは「瀬戸内海の海賊」で手に入れていた十字架を棺桶にアタッチしました。そしたら棺桶が開いて、中にはカードが。なんじゃこれ、と思いつついただくことに。

ふと目を上げると、そこには出口が。これで「ホラマンション」は終了です。

あー、面白かった!

 

スペースリバー

さぁさぁ盛り上がってきましたよ!次は「スペースリバー」に乗ろう!

え?スペースマウンテン?なにそれ?スペースリバーですよ?

ジェットコースターに乗り込み、イザ発進!そこは宇宙ですよ!しばらく進んだら宇宙の彼方から桃がやってきて包丁ロケットが飛んできて桃を切ったらスペース桃太郎とかが出てきて鬼退治に桃太郎が旅立つのを見るだけのアトラクションでした。

あー面白かった!

 

梅下館

さて、最後のアトラクションです、「梅下館」です。

え?梅下館ってなんだよ!?(多分ミート・ザ・ワールド)。

梅下館に入ると「ジャックと豆の木」の劇をやってました。気球が舞台に出てきたので思わず乗っちゃったテヘ。

そしたら上に上がって通路に出ました。通路には紙が貼ってあって「マジックナンバーは2001」と書いてありました。どうも重要っぽいので覚えときましたよ。その先にはハシゴがあって、上下どっちにもいけるようになってました。

まずは下に降りてみたら、そこにはドアがあったのですが、自分とドアの間にレーザー光線が横に何本も走っています。ダメだ通れない…。とりあえずツボのヘビを投げてみたら運よく光線がショートしました。やった先に進める!

そこには金庫が。さっきのマジックナンバー2001を回すと開きました。イエーイ!中にはカギと紙が。紙には「オープンは1919」と書いてあります。カギ持って出ました。

さっきのハシゴまで戻り、今度は上へ行きました。すると、暗証番号のカギ付きの扉があったので、さっきの1919を入力したらまんまと開いた!すると通路があって先に進むと絵の掲げてある部屋などがあるものの、行き止まりばっかり。

引き返そうか…と思ったらひとつの部屋の天井が開いていることに気づきました。ははーんぼくのジャンプ力をナメるなよ!ジャンプして天井の裏に行ってみました。

その部屋には柱が1本。

このデゼニランドには伝説の秘宝「三月磨臼(みつきまうす)」があると言われていて、ぼくは実は今回はそのお宝をいただきにわざわざデゼニランドに来たのです。

その「三月磨臼」をゲットするには、「1本の柱に何かをしなければならない」という噂だ…。

とりあえず、柱を磨いてみた。そしたら出てきた。

三月磨臼だ!!!!!!!!!!!

「よしいただいた!あとはズラかるだけだフハハハハハハハハ!」いきなり怪盗モードになるぼく。

脱出できそうなエレベーターが部屋に発見、どうやらカードでロックを解除するらしい。カード?棺桶から持ってきたヤツでいけるかな?ピッ!ウイーン!開いた!乗り込め!

エレベーターが屋上につくと、そこにはヘリコプターが!エンジンキーが差してある!乗り込め!

ぼくはデゼニランドをあとにしました。

デゼニランドは、こうやって怪盗気分で「三月磨臼」をゲットするのもアトラクションの一部として人気なのです。

あー、面白かった!

これで、デゼニランドのレポートを終わります!

 

ゴメンゴメン

読んでて意味わかりませんでしたよね?ゴメンナサイね。

『デゼニランド』、これです。

『デゼニランド』は1983年にハドソンがリリースしたパソコン用のアドベンチャーゲームです。ハドソンの面々が東京ディズニーランドに遊びに行ったときに思いついた、というふうにあの高橋名人が自信のブログに書いていらっしゃいます。

1983年4月に開園したディズニーランドに、東京勤務の社員全員で遊びに行った事がきっかけでした。

遊びに行った後、「これをアドベンチャーゲームにしたら、面白いのではないか?」という一言がきっかけです。

引用元:1982年入社当時|高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」Powered by Ameba

ちなみに、上記のレポート通りに進めればこのゲームは解けます。機会があれば是非どうぞ。

動画もありました。

これを観れば、上記レポートもスンナリ頭に入るでしょう。

あ、「梅下館」については、ミート・ザ・ワールドの協賛が松下電器だったので松下→梅下なんだろうな、という憶測に基づいています。

 

ではまた。