読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに、『ファミコン通信』復活!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

みんな待ってる『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』。オッサンはみんな今からワクワクしてます。

そんなオッサンたちをもっとワクワクさせるために、『ファミコン通信』が大復活するそうです。

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』で遊ぶならこれでウッドボール!

ウッボーウッボー!ウッドボール!(ウッドボールの意味がわからない人はそのへんのオッサンに聞こう)

『ファミコン通信』の復活だ!

f:id:gaou2:20161021211345j:plain

『ファミコン通信』は現在の『ファミ通』の前身のゲーム雑誌(といってもフツーに地続きだけど)。当時から他の追随を許さない内容と売り上げでゲーム雑誌のトップに君臨し続けていました。

そんな『ファミコン通信』が『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』の発売にあわせて復活するというのですから感涙モンです。

ウッドボール!

『ファミコン通信』大復活!

さて、あの『ファミコン通信』が復活するからにはタダで済むはずないでしょう。当時の“ノリ”も完全再現するんでしょう。

内容的には、ミニファミコンに収録される30タイトルの紹介やクロスレビュー風のインプレッション、高橋名人×毛利名人スペシャル対談などなど、ファミコン世代は感激しすぎて卒倒するような内容。

なんと、あの『ゲーム帝国』も復活するといういういういういういう(残響音含む)。

ちなみに、ぼくは『ゲーム帝国』6巻まではまだ手元に持ってマス。

おもな記事内容

・実物大! これがミニファミコンだ!

・スペシャル対談 高橋名人×毛利名人

・妄想企画:ミニファミコン専用カートリッジを作ろう!

・クリエイターに訊く!「ミニファミコンにあと1本入れられるなら何入れる?」

・収録30タイトル大紹介&クロスレビュー風インプレ

・復刻! ミニファミコン収録タイトルのファミコン通信第1報

・人気連載も復刻! ゲーム帝国/禁断の秘技 ほか

・【付録】ミニファミコン収録タイトルパッケージシール

ミニファミコン専用カートリッジを作ろう!って何かといいますと、実物のカートリッジを縮小して掲載し、切り取って厚紙等に貼ればミニファミコンに挿した風で遊べるペーパークラフトにもなる特別企画だって。なにそれファミコン通信らしい!

とにかくコレだけみてもヨダレ出るでしょう?

最後に

これはもう『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに手元に置いとくしかないネ!

『ファミコン通信』は2016年11月10日、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』と同日に発売です。

買え買え買え買え買え買え(残響音含む)。

ファミマガも復活!→『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに、『ファミリーコンピュータMagazine』も復活! - コバろぐ