読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに、『ファミリーコンピュータMagazine』も復活!

書籍 ゲーム

★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

みんな待ってる『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』。オッサンはみんな今からワクワクしてます。

そんなオッサンたちをもっとワクワクさせるために、『ファミコン通信』が大復活する、と以前書きました。

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに、『ファミコン通信』復活! - コバろぐ

しかし、復活するのは『ファミコン通信』だけではありませんでした。

なんと『ファミリーコンピュータMagazine』(通称ファミマガ)も大復活を遂げるようです!

『ファミリーコンピュータMagazine』って?

『ファミリーコンピュータMagazine』は、徳間書店が発行していたファミコン専門誌。ファミコン専門誌としては元祖ですし、ゲーム雑誌としても古い部類に入ります。

徳間書店はディスクシステム用ソフトの説明書の編集もしていて任天堂とのパイプがガッチリあり、それがゆえに最初のファミコン専門誌も発行できましたし、内容も他の追随を許さないほどの情報量を誇れたのでしょう。

そして、『ファミリーコンピュータMagazine』といえば「ウル技(ウルテク)」ですよね。まぁいわゆる裏技なんですが、毎号1つだけウソの裏技を掲載していたのが特徴的です。

『ファミマガ』復活!

そんな『ファミマガ』が『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』の発売に合わせて復活します。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine

この微妙に擬人化されたファミコン、文字のフォント、当時のままで懐かしい! 

中身も当時のままの雰囲気で、収録されている30本のゲームを紹介しますし、もちろんあの名物コーナーも復活! 「超ウルトラ技50+1」や「ディスくんのマンガトピックス」もありますので安心安心。

付録はDVD!

また、このムックにはDVDとが付録としてついてきます。

このDVDには『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』に収録されている30本のゲームについて、当時の掲載誌面をスキャンしてPDF化したデータが収録されます。

紹介記事と攻略記事、ウル技にさらには付録も収録したので1000ページ分以上のデータになるそうです。

さらにはオマケとして『スーパーマリオブラザーズ完全攻略本』もまるっと入ってます。

なんて太っ腹!

最後に

これまた『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに手元に置いておきたいですね。

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine』は2016年11月14日発売予定です。