読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

後藤又兵衛と黒田長政、超絶不仲伝説!

歴史

★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


戦国時代の総仕上げ、大坂の陣を大坂牢人五人衆(大坂城五人衆)のひとりとして参加し敗軍の将となった、後藤基次(後藤又兵衛。以下、又兵衛と表記します)。

f:id:gaou2:20161106112836j:plain
(画像引用元:後藤基次 - Wikipedia

父を早くから亡くし、黒田官兵衛に引き取られて黒田家に仕えていたのですがのちに黒田家を出奔、それがゆえに大坂方として負けちゃったともいえます。

もし黒田家にいて大坂の陣に参加していたら、又兵衛ほどの実力があればおそらく大きな武功を挙げて大身になってたかも知れないのに、なんで又兵衛は黒田家を出ちゃったんだろうあーもったいない!なんて思っちゃいますけど、又兵衛と官兵衛のあとを継いだ黒田長政、この二人はむっちゃ仲悪かったんです。ええ、又兵衛が「もうアナタとはやってられない。サヨウナラ」とか言って黒田家を出ていっちゃうほどに。

後藤又兵衛黒田長政超絶不仲伝説!

じゃあいったい二人はなぜ仲が悪かったんでしょう。

確定した史料はなかったと思いますが、おそらく、黒田官兵衛に引き取られた又兵衛と、官兵衛の嫡子である長政は子供のころから一緒に育って気心が知れすぎてたのかな~とか思ってます。

年上の家臣と年下の主君筋。ここがネジネジとねじれててソリが合わなくなったことが原因かも知れません。まぁとにかく、仲が悪い。

仲が悪くってどんなエピソードが出来上がったか、面白いので見ていきましょう。

長政丸坊主事件

城井氏との争いの緒戦、黒田家を率いていた長政は負けちゃったんですが、父官兵衛に頭を丸めて謝罪しました。大将がそんなことするもんだから他の将もみんな丸刈りになったのですが、又兵衛だけはそれをしませんでした。

「いくさに勝ち負けはつきもんや!負けるたんびに頭丸めてたら生えそろうヒマがあれへんわ!」

結局官兵衛は不問に付し、長政の面目丸つぶれに。

ちなみに坊主についてはこんな記事も。

→ 坊主の似合う人似合わない人~これから坊主にしようとしてる人はこれを読んでからにしてください~ - 非アクティビズム。

長政見殺し事件

文禄の役のとき、長政は朝鮮軍の将と一騎打ちになり川に落ち、あわやということになりましたが、又兵衛は側にいても加勢しませんでした。

いぶかしんだ小西行長の家来に「何で?」と聞かれると、又兵衛は言い放ったそうです。

「あんなヘッポコ武将に討ち取られるんやったらワシらの殿とちゃうわい!」

長政は何とか敵将を討つことができましたが、このことは恨みに思ったんじゃないでしょうか。

又兵衛虎狩り事件

慶長の役のとき、長政陣営に虎が紛れ込んできて大暴れしたことがあります。菅正利というものが虎に襲い掛かられたとき、又兵衛が間に入ってなんとか虎を仕留めました。

このときに長政は正利と又兵衛を叱責しました。

「お前らは大将やのに、獣と争うとは自分の役割わかっとんのか!」

又兵衛、ムカっときたでしょうね。

又兵衛伴奏お断り事件

又兵衛の四男、又一郎が小鼓の演奏がうまいということで祇園の神事での能の伴奏を長政が頼んだら。

「そんなん武士がやることちゃうわ!」

又兵衛、思いっきり断ったらしい。

又兵衛、牢人になる

又兵衛、出奔

そんなこんながありつつ、仲がすこぶる悪かった二人ですが、それだけで又兵衛が黒田家を去ったわけではありません。

原因は、全国に名前が轟いている又兵衛が、諸国の大名(池田氏とか細川氏とか)と書状を頻繁にやり取りしていたことみたいです。とくに長政と細川忠興は関係が特によろしくなかく、長政は家中に「絶対細川とは仲良くしたらアカン」といっていたのですが、又兵衛と忠興とはかなり親密にやり取りしてたらしい。それが長政の気に触ったのが引き金となって出奔したみたいです。

天下の後藤又兵衛が牢人になったということで福島正則や前田利長や結城秀康などはすすんで又兵衛を召抱えようとしました。しかし、それはかないませんでした。長政が「奉公構」の処置をとっていたからです。

奉公構(ほうこうかまえ、ほうこうかまい)

「奉公構」とは。江戸時代の武士の刑罰のひとつです。

大名が、自家を出奔したり改易したりした家臣が仕官してきたら断ってね、と釘をさす回状を他の大名にだすことをいいます。

これを出されるとどこにも仕官できなくなり、食い扶持もなくなる、ということで切腹に継ぐ重刑でした。

これにより、又兵衛はどこにも仕官できなくなりました(とはいえ、細川さんちとか池田さんちには居たことがありますが)。

又兵衛と長政、ちょっといい話

ねぇ、仲悪いでしょう。

きっと、ずっと兄弟のように一緒に成長してきたから遠慮なしにズケズケとものを言う又兵衛に対して長政が主君として耐えらんなくなった、みたいなことなんでしょうね。

でも、又兵衛が長政をキライだったかというと、そうでもなかったみたい。逸話があります。

又兵衛が細川家に身を寄せているころ、長政について聞かれた又兵衛がこう答えています。

「もし黒田家と戦うことになったら鉄砲隊を並べて撃ちまくったらええねん。二人目か三人目かには長政を撃ち殺せるやろ。アイツは剛強なヤツやからどんな戦いでも前に出て戦いよんねん」

多くの不満があって黒田家を出奔しましたが、悪く言ってるようで長政の武威を語る、忠義の厚い武士だ、と聞いた細川家のものは思ったそうです。

最後に

又兵衛、なかなかカッコええですね。

 

ではまた。

 

 

参照サイト

後藤基次 - Wikipedia

後藤又兵衛が黒田長政と不仲になった理由 | ひすとりびあ

官兵衛の悩みの種?黒田長政と後藤又兵衛の対立の原因は? - NAVER まとめ

黒田長政 - Wikipedia

奉公構 - Wikipedia