コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

文章における一人称の問題


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


http://www.flickr.com/photos/12143758@N00/100140272

photo by ubiquity_zh

ブログを書きはじめたとき、みなさんは「一人称はどうしよう?」って悩みませんでしたか?文末を「だ。」にするか「です。」にするかとも関わってくるところでしょうけども、どうです?

 

『コバろぐ』の場合

このブログの場合、「ぼく」を使っているわけなんですけど、それだってコンマ2秒ほどは悩みましたね。ちなみに、日常生活ではプライベートでは「俺」、仕事では「ぼく」です。使い分けてる。

なぜ使い分けてるかというと、相手がいるからですね。話している相手によって使い分けてます。

はじめは「俺」でいいか、と思っていたんですよ。それをなぜ「ぼく」にしたのか。

 

ブログには読者がいる

たとえば、このブログで「俺はこう思うんだけどさぁ…」とか「俺はよぅ、こんなヤツなんだよう」とか書いてると、なんか鬱陶しくないですか?ヤな奴なカンジがしませんか?

相手がたとえば友達だけなら別にそれでいいんですよ。でも、ブログ読んでくださっている方は友達じゃない。読者さんが、ぼくと同年代の同じような境遇の人ばかりなら「俺」でもアリなのかもしれませんが、そうとも限らない。「俺」と語りかけるには失礼になる人やそぐわない人もいる可能性もありますから、無難に「ぼく」なのです。

 

誰に向けて書いてるのか

「ぼく」じゃなくてもっと丁寧に「私」とか言うとちょっとかしこまり過ぎですよね。育ちのいいエラい人が育ちのいいエラい人向けに書いてるみたいです。ちなみに、このブログは、育ちの悪い一般人が育ちの良い皆々様向けに書いているので、「私」はちょっと違うのです。つまり、一人称は誰に向けて書いてるかで決まってくるんでしょうね。

 

書き手の個性で決める

でも、あえて個性を出すのに一人称を変えるのは当然ありです。書き手の人格をひとつ作り、そのキャラクタにあった一人称にするのもひとつのブログのカタチですから。

 それも考えたんですよ。ブログタイトルを『酔っ払いブロガーのひとりごと』とかにして、「よう!ワシのブログまた来やがったな!ウイー」とかで記事を書き出すとかね。

でもそれはきっと途中で息切れしそうな気がしたんで止めました。

 

ありのままに

気負わず、自然に、話すように書くためには普段どおりが一番でしょう。一人称なんてのはたぶん、そんなに考えなくてもよくて、書き続けていけば自然と定まっていくんでしょう。

 

てなことを考えながら皆さんのブログを読んでみると、皆さん結構一人称使うの避けてません?

ズリーぞ!

 

ソーシャルメディアで伝わる文章術

ソーシャルメディアで伝わる文章術