読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『チェキ』が初のデジタル化!これで編集、加工ができる!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


富士フイルムの人気のインスタントカメラ『instax』、通称『チェキ』の新商品が5月19日に発売されます。

FUJIFILM ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ10 INS SQUARE SQ 10

この新製品『instax SQUARE SQ10』には、なんとシリーズで初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術が搭載されるそうです。

これで出力前に撮影した画像の編集及び加工が可能になります!

『instax SQUARE SQ10』の特徴

従来のインスタントカメラにデジタル技術が搭載された「ハイブリッドインスタントカメラ」とも言うべき『instax SQUAR SQ10』は、撮影時と撮影後の再生画像表示中に画像を調整、編集、加工することができます。

撮影時にも11種類のフィルターを使ったり、明るさ調整などを施して写真を自分らしい作品にすることも可能ですし、デジタル化されることで撮影した写真を選んで印刷することもでき、1枚のフィルムに複数の写真を入れる分割プリントも可能です。

また、内蔵メモリには約50枚の写真が保存可能で、マイクロSDカードにも対応しているとのこと。

デジタル化されたことで、いろんな可能性が広がってますね。

最後に

撮影したらそのまんまプリントするしかなかった『チェキ』。その手軽さとキュートなデザインで人気でしたが、その欠点は如何ともしがたいモノでした。でも今回のデジタル化でその欠点は払拭されると考えて良いのでしょう。スマホのカメラもどんどん性能がよくなる中で、『チェキ』が生き残るための当然の進化でしょうね。

富士フイルムは「20~40代の、表現することが好きな方をターゲットに想定している。“チェキ”を使った作品作りを楽しんでもらいたい」としていて、写真画像を手軽にSNSなどに公開している世代にドンピシャの新製品と言えるでしょうね。

色々遊べそうなので、個人的にも気になります。