読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『こち亀』連載終了!コミックス200巻で40年の歴史に幕引き


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

週刊少年ジャンプに連載している『こちら葛飾区亀有公園前派出所』通称『こち亀』の連載が終了するそうです。

【Amazon.co.jp限定】こちら葛飾区亀有公園前派出所 200巻刊行記念 コミック1-200巻 オリジナル描き下ろしイラスト本棚付セット

ビックリしました。と同時に、寂しい。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)において1976年42号より2016年42号まで連載予定。2016年現在『週刊少年ジャンプ』の最長連載作品である。通称「こち亀(こちかめ)」。

引用元:こちら葛飾区亀有公園前派出所 - Wikipedia

40年、休むことなく連載を続けたのは驚愕です。なのに作風も古ぼけることなく、常にマニアックネタから社会現象までの情報を仕入れてギャグマンガに落とし込むなんて、他の漫画家さんには出来ないんじゃないでしょうか。

ぼくと『こち亀』

ぼくらの年代は小学生のころジャンプの全盛で『北斗の拳』や『キャプテン翼』や『ドクタースランプ』や『キン肉マン』などを嬉々として読んでいた世代なわけですが、その頃はただ単にギャグを楽しむために読んでいただけで、字が多くて読みにくい時はすっとばしてましたすみません。

大人になってからは正直言ってジャンプは読んでませんが、たまに『こち亀』だけ拾って読んだりしてますね。扱ってるネタの深さやマニアックさを楽しめるようになった大人になってからのほうがちゃんと楽しめるようになった感じです。

作者・秋本治さんのコメント

『こち亀』はちょうど今年で40周年で、色んな企画が展開しています。そのうちのひとつである連載40周年記念の巨大絵巻物展示会」の記者会見で連載終了も発表されました。

作者の秋本治さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」と語った。終了を意識し始めた時期について「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」と説明。「両さんというキャラクターが面白い。キャラクターと出会えたのはうれしい」と話した。

引用元:こち亀:40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

連載40周年、単行本200巻、たしかに節目としてはバツグンにいいのですが、こっちは勝手ながら終わるとは思ってなかったので寂しいですね。

でも「時々遊びに行く」とおっしゃってますので、たまに読みきりとかで読めるのかな、と勝手に期待しています。

【Amazon.co.jp限定】こちら葛飾区亀有公園前派出所 200巻刊行記念 コミック1-200巻 オリジナル描き下ろしイラスト本棚付セット

Amazonでは、限定でオリジナル本棚付きのコミックス200巻セットがさっそく登場しましたが、2016年9月30日発売予定なのにもう品薄になっています。スゴイ人気だ。

ちなみに、200巻は通常版と特装版が2016年9月17日発売予定です。

最後に

いやあ、もう両さんの活躍が見られないなんて、ホンマに寂しい!

でも、新しい作品の構想もあるようですから、両さん以上のキャラクターの出現にも期待しちゃいますね。

ともあれ、秋本先生、長い間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 

ではまた。