読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

長男が高校でラブレターをもらったんだが

子供のこと

★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

長男の高校生活もスタートし、現在は部活動の体験入部期間だそうです。野球部に入ることは決めてるんですが、なんか色々楽しんでるみたい。

そんな長男が、ラブレターをもらってきたよ!ヒューヒュー!

めでたや 和紙パーツラブレターピンク2枚・白2枚入

順を追って書きますね。

 

野球部に入るさだめ

長男が入った高校は近所の公立高校で、だから入ったんだけどももうひとつ理由がありまして。

この高校の校長が野球好きで中学生の大会を観戦に来てたりして、4番を打つ我が長男に眼を付けてくれてたんです。そのうち野球部の監督も連れてきたりして野球部に入ることは本人ある程度約束してたんですね。

そして順当に野球部に入ろうとしてます。

 

デカい長男

そして、ウチの長男なんだけど、巨漢です。

身長こそ175cm未満で止まっちゃった感はあるのですが、体重は止まりません。もうすぐ0.1トンに届きそうな勢いです。しかし筋肉はそれなりにあって、出てる腹とかも超カテェの。

そうすると、ぼくも経験あるんだけど、入学直後はあらゆる部活動から勧誘がくるんです。まーぼくも中学入ったときと高校入ったときはすべての運動部の先輩から声をかけられましたね。

強引に連れていこうとするもんだから「んだコノヤロー!」とか叫びつつ大乱闘とかはしてませんよ。

最近は、そういうのはなくって顧問の先生や監督が「どう?」って言って来るらしい。そして、我が長男の恵まれた体格に惚れ込んだ先生が出てきました。

柔道部の先生です。

 

声をかけてくる柔道部のセンセイ

その柔道部の先生には、合格発表のときに初めて声かけられたらしい。

「柔道部入らないか?」

でもその先生は校長経由で野球部に入ることは知ってたらしく、「でも野球部なんだよな~」と去っていったそうです。

次に入学式。

そのときもやっぱり声をかけられたらしい。

「柔道部に入らないか?」

で、長男は「野球部ですから」と断ったとのこと。

 

諦めきれない柔道部のセンセイ

それでもその先生の視界に入るごとにやってきては「もしかして、柔道部?」とか捨て身の攻撃をしてくるらしい。

そして先日、長男はワザワザ職員室まで行って(自分からこんなことするなんて非常に珍しい)、お断りをしてきたそうです。正式にダメ出しです。

 

ついに…!

今日は手紙を渡されたらしいよwwww

手紙には「柔道部で青春をエンジョイしよう」って書いてあったそうな。

そこまでウチの長男を買ってくれてるのは非常にありがたいことですが、すんませんな、我が長男は野球部に入って甲子園に行きまんねん、堪忍しておくれやっしゃ。

しかし、野球部から柔道部に転身して、逆ドカベン(ドカベンは元々柔道漫画)を地で行くのも面白いかも知れんけどな。そうはいかんのです。

ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス)

ではまた。