コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

スシローで、マヨラーとして日和っていたことにに気づかされた


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


家族でスシローに行きました。いつもいくくら寿司が混んでたから。初めてスシローにいきました。

やっすい回る寿司は寿司じゃないとは思いますが、子供らが喜々として寿司のようなものを食うからそれでいいのです。

いや、そんなことを言いたいんじゃない。

そこで食った、たらマヨという寿司のようなものがすんげーウマかったんです。

たらマヨ

たらこマヨネーズ。略してたらマヨ。だろうな、やっぱり。

軍艦に、生たらことたっぷりのマヨネーズが乗った寿司のようなもの。そのまんま。

こういうのって、寿司職人の人がみたらどう思うんでしょうか。まぁ、そんなこと知ったこっちゃないですが。

この寿司のようなものが、まぁウマいのなんの。悶絶するほどウマかった。

たらこの味がまったくせず、大量のマヨネーズが口に広がってマヨネーズの味しかしない。

だからウマかったんです!

マヨラーですが、だからウマいと言ってるわけではない

そう、私はマヨラー。なんにでもマヨネーズをかけるバカ舌の持ち主。から揚げはもちろん、豚のしょうが焼きにもマヨネーズ。オカズがなけりゃ、マヨネーズでメシが食える。私はマヨラー。

なんだよ、じゃあたらマヨもウマいに決まってるじゃないの、ことさら何言ってんの?とか言われそうですけど、そうじゃない、そうじゃないんだ。たらマヨがウマかったのはもっと特別な話なんだ。マヨラーだからマヨネーズがウマいって、そんな単純な話じゃないんだ。

本来のマヨネーズ

最近、マヨネーズにもいろいろあるじゃないですか。やれカロリーオフだ、ハーフだ、卵を味わうだ!

薄いよ!味薄いよ!そんなのマヨネーズじゃない!

でも、結婚してからこっち、カミさんはぼくの体を気づかってくれて、家にあるのはそんなマヨネーズばっかり。今じゃ舌もすっかり慣れて、そんな薄味マヨネーズを口にして「ウマい。マヨネーズウマい!」という体になってしまった。

ふつうのキューピーマヨネーズの強烈な味を忘れてしまっていたのです。あ、キューピーじゃなくてもいいんだけど。それで育ってきてたもんで。あれが本来のマヨネーズ。

キユーピー マヨネーズ 450g×2個

そして、その味だったんです、スシローのたらマヨのマヨネーズは。懐かしいガツンとくる味でした。

マヨラーとして日和っていた

マヨネーズという魅惑の調味料の本来の味。マヨラーが求めるべき、本当のマヨネーズの味。

それを、ぼくは忘れていたのです。普段口にしていた、少しだけ健康に気を使った(気になれる)うっすいマヨネーズばっかり食べてたせいで。

スシローでたらマヨを食べたおかげで、それを思い出しました。

ぼくはマヨラーとして日和っていた。ちゃんとしたマヨネーズを食べないでマヨラーぶっていた。

あ、ちなみに、日和る。大辞林第三版より。

ひよる【日和る】

( 動ラ五 )

〔「日和ひより見」から。主に学生が用いる〕 日和見① をして妥協する。

「 - ・った態度」

妥協しちゃいかん!ちゃんとしたマヨネーズを食おう!

最後に

でもきっと、カミさんが許してくれません。泣。

あと、スシローでそういうマヨネーズをちゃんと使ってるかどうかも知りません。そんな気がしただけ。濃いから。