コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

検索流入大事!“ピート・ローズ週間”を振り返る


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

いきなりだけど、みんな!検索流入大事だよ。え?知ってる?

MLB最多安打王 ピート ローズ 直筆サイン入りジャージ/ユニフォーム PSA/DNA社筆跡鑑定証明書付き 生写真付き イチロー シードスターズ

ぼくは今週それを身をもって知ったのです。あの、イチロー選手に通算安打記録を塗り替えられた(注:イチローは日米通算)ピート・ローズによって。

 

ピート・ローズ週間

6月14日

ピート・ローズがメジャーリーグから永久追放処分されてることを書いた記事を公開しました。すべてはここからハジマッタ。

 

dabunmaker.hatenablog.com

 

実はこの記事、イチロー選手がピート・ローズの記録まであと3本くらいになったときに投稿しようと準備していた記事です。なのにイチロー選手がポンポンとヒットを打ちまくるもんだから、残り1本になって急いで公開したんです。

内容はもちろん、検索狙い。だから「永久追放」にクローズアップしてます。

知らない人は「へーピート・ローズって人が記録もってるんや。どんな選手やったんやろ。ん?永久追放!?」ってなることを期待してるわけですね。

その目論見がまんまとハマりました。

公開して10分後には「ピート・ローズ 永久追放」で検索流入が始まって、アレヨアレヨと人が来て、18:30に公開してから日付が変わるまでに2500ものPVを運んできてくれたのでした。

このブログにとっては大量すぎて嬉しすぎる数字です。

 

6月15日

朝起きた段階で900PVとか、何事かと思ったらピート・ローズでした。ほえーっと思いつつ試しに「ピート・ローズ 永久追放」で検索してみたらウィキペディアの次で2位(今は落ちてます)でした。

ドンドン入ってくる流入、そしてイチロー選手はこの日は代打の1打席で結果でずに記録達成ならず。

もう1日伸びるやんけ…ぼくは多分ゲスい顔してたと思いますwww

そうか、そういうことなのか。これが検索の威力なのだなーと感激しつつ1日をニンマリ過ごし、最終的にこの記事だけで5000PVでした。

 

6月16日

日付変わって夜中の時点でだいぶ流入は減ってきたものの、まだまだ好調。それを確認して就寝しました。

朝起きたら、イチロー選手はヒットを打ってピート・ローズに並んでおり、その日のうちに抜き去りました。早すぎる。

しかしPVはだいぶ落ち着いてきたものの、常に15人前後はピート・ローズからこのブログに来て下さる人がいました。夜のスポーツニュースの時間になるとドバーっと検索から怒涛の如く人が押し寄せました。ウッヒョー!と言いつつ翌日へ。

 

6月17日~18日

一日中ダラーッと検索があり、人々がピート・ローズに会いにきます。本当にダラーっとです。流入の数字に変化がないんです。でも0じゃない。素晴らしいですね。

で、今これ書いてるのが19日1時なんですけども、もうほぼほぼ検索流入はなくなりました。

チックショーーーー!!!

BLACK AND WHITE

 ここまでが『コバろぐ』の歴史に名を残すであろう“ピート・ローズ週間”です。 

 

検索すごい

でも、ブロガーさん特にはてなブロガーさんたちは、この記事の存在を知らない人も多かったと思います。

この記事、まったくバズってないですから。だってブクマが今(2016年6月19日現在)で3。3つ目は公開して翌日についたものです。なので、『はてなブックマーク』にも一瞬たりとも載ってなかったハズです。

誰も知らない記事でぼくはウヒョヒョとなっていたわけです。

検索流入キモチイイーーーーー!!!

ではなぜそんなに人がきてくれたんでしょう?

 

注目されるワード+目を引くワード

この記事に検索流入がきたポイントは、前記したように「永久追放」というワードだと思ってます。ピート・ローズというワードのみだったら、そんなに検索流入はなかったにちがいない。

例えば「ピート・ローズ、最多安打の軌跡」とかいう記事だったらここまでのインパクトある流入は無かったでしょう。

「ピート・ローズ+永久追放」のコンボだったからこそ、だと思います。

つまり、「注目されるワード+目を引くワード」。このコンボが検索流入には必要なんでしょうねえ。

 

最後に

長い間ブログで戦っていくためには、やっぱり読んでもらえることがモチベーションになりますから、それが目に見えるPVはテンションアップに欠かせません。

そして、読んでもらうためには「注目されるワード+目を引くワード」で検索上位に躍り出て、読者をガッチリつかまなければなりません。

それが可能なキーワードをまた見つけ出したいものです。そしてウハウハしたいですね。

 

ではまた。