読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

あなたは真田十勇士の名前を全員言えますか?


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


舞台 真田十勇士 〜ボクらが守りたかったもの〜 [DVD]

NHK大河ドラマの『真田丸』も絶好調ですが、みなさんどうですか。主人公真田幸村、人気あるから名前くらいは知ってますよね。幸村って名前ヘンだよねーとか言う人はひとまずこれ読んで。

 

dabunmaker.hatenablog.com

読んでいただきありがとうございます。

さて、せっかく『真田丸』が放送しているわけですから、もうひとつくらい記事を書いて便乗しとこうかなと思いまして、思い立ったのが真田十勇士です。

みなさん、10名すべて知ってますか?

猿飛佐助、霧隠才蔵くらいは知ってるかもしれませんが、あとは正直名前も出てこないでしょう。なので、真田十勇士を並べて記載しておきますよ。

 

真田十勇士とは?

戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、真田幸村に仕えた10名の家臣。それぞれ得意技を持っており、大坂の陣に出陣した真田幸村を大いに助けました。が、あくまでも伝承上の架空の人物です。もちろんモデルとなった人物はいますけども。

大正時代に刊行された立川文庫ではじめて「真田十勇士」の名前が出てきます。立川文庫は講談を読み物として編集したものですから、スーパーマン的なヒーローになってるわけですね。

 

真田十勇士列伝

猿飛佐助(さるとびさすけ)

真田十勇士の中でも抜群の実力者。立川文庫の『真田三勇士忍術名人猿飛佐助』の主人公として人気を博しました。

木下藤吉郎家臣の猿飛仁助や上月佐助がモデルとされている、架空の忍者。

 

霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)

猿飛佐助と人気を二分する架空の忍者です。立川文庫に『真田三勇士忍術名人霧隠才蔵』があり、その中でキャラクタが構成されていったようです。

霧隠鹿右衛門という忍者がモデルとされ、伊賀忍者の頭領、百地三太夫の弟子とされています。

 

三好清海・三好伊三(みよしせいかい・みよしいさ)

出羽出身とされていましたが、立川文庫では戦国大名三好氏出身の破戒僧とされています。

モデルはそれぞれ三好政康(入道名が清海)とその弟の政勝(法名が為三)とされていて、彼らは80代で大阪の陣に徳川方として出陣しています。

 

穴山小助(あなやまこすけ)

武田信玄家臣の穴山信君の親戚とされている穴山小介という人物が実際にいました。その彼だという説とまったく架空の人物だという説があります。

立川文庫では、大阪の陣で幸村の影武者として散っていく、華々しくも悲しい役割を与えられています。

 

由利鎌之介(ゆりかまのすけ)

立川文庫に『真田三勇士由利鎌之介』があります。真田と敵対していた人物で、真田昌幸・幸村親子の命を狙っていましたが幸村につかまり、家臣になりました。

実際に存在しましたが、架空の人物であるという説もあります。

 

筧十蔵(かけいじゅうぞう)

火縄銃の名手として幸村に仕えています。史実の筧十兵衛、筧金六郎が十蔵だと言われていますが、例によって架空の人物説もあります。

夏の陣で戦死したとされますが、兵庫県の筧家では九州落ちに同行したという伝承が残っています。講談の中では幸村は戦死せず九州に落ちていったという話があり、それに付き従ったということですね。

 

海野六郎(うんのろくろう)

海野六郎兵衛利一として立川文庫に登場します。実際に幸村の配下に同名のものがいました。真田家は東信濃の海野家の出身とされており、一族かも知れませんが海野家の直系はそのころは途絶えていましたのでそうとも言えません。

 

根津甚八(ねづじんぱち)

実際に幸村の家臣にいたという説と架空説があります。モデルは禰津小六、浅井長政の子・浅井井頼など。

水軍の指揮がうまかったとされています。

 

望月六郎(もちづきろくろう)

爆弾の製造が得意。実在の人物で大阪の陣では幸村の息子・大助の配下となり、徳川方を大いにかく乱したと伝えられています。

モデルは多数ありますが、立川文庫では望月卯左衛門幸忠として登場します。

 

最後に

いかがでしょうか。

おそらく、実在した人物もその人をモデルにしたということでみんな架空の人物だと思いますが、彼らが大活躍する講談、それをもとにした立川文庫は一度は目を通したら面白いかもしれません。

架空のファンタジーな人物なので大河ドラマ『真田丸』には出てこないんでしょうか。逆に大河ドラマなのに出したらヤバいですかね。

 

ではまた。