コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『ブシドーブレード』とかいう最高の格闘ゲーム


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ずーっと前に、こんな記事を書いてます。

www.cobalog.com

格闘ゲームが合わず、あんまり遊んでないけど『鉄拳』だけは遊んだよ、という内容ですが、よく考えたらもうひとつ遊んでた格闘ゲームがありました。そして、どっちかというとそっちのほうが好きだったかも知れない。

ええ、『ブシドーブレード』って言うんですけど。

『ブシドーブレード』とは

『ブシドーブレード』は、1997年にプレイステーション向けにスクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売された対戦格闘ゲーム。登場キャラクタは6人、ストーリーモードと対戦モードで遊べます。

とにかく独特なシステムが特徴で、それがまた素晴らしいのです。

まず、体力ゲージがない。従来の格闘ゲームは相手の体力を全部奪えば勝ち、というものばかりです。しかし、『ブシドーブレード』にはそれがない。

なんせ、真剣勝負ですから、急所にズバッと攻撃が入れば相手はそれだけで倒れます。浅い攻撃でも相手に入れ続ければ相手の動きは鈍ってくるし、手足に剣撃を食らえば腕の振りが遅くなったり移動に支障が出たりする。自分がそうやって手負いになったときに間合いとタイミングを計って一撃を繰り出し、それで相手が倒れたりしたらもうキモチ良すぎて昇天しちゃいます。

武器同士で打ち合ったり相手の剣撃を受け流したり転倒しつつ攻撃したり、一撃必殺を狙いながらの駆け引きが本当に面白く、同レベルの対戦相手だと本当にジリッ…ジリッって相手を見ながら動いたりして本当に真剣で勝負してるような錯覚におちいります。他の対戦格闘ゲームで遊んでいるときのように、相手の体力ゲージを赤くして圧倒的有利に酔いしれるなんてことはできません。そんな油断を見せたら相手の起死回生の一撃で倒れることになるでしょう。

『ブシドーブレード』は「武士道」のゲーム

上記のように、『ブシドーブレード』は本当の真剣勝負をウマくゲーム化したといっていいゲームなんですが、もっともっと『ブシドーブレード』を『ブシドーブレード』たらしめている要素が、その名のとおり「武士道」です。

プレイヤーは「武士道」を貫かなければなりません。つまり、武士道にもとる卑劣な行為をしてはいけないのです。武士たるもの、常に礼節をわきまえ、相手に敬意を表し、仁義を通さなければならないのです。

すなわち、「敵を背後から斬る」とか「試合開始時の口上のときに斬りかかる」とか「相手が階段を登っている最中に斬りつける」とかはもってのほか。ストーリーモードでこれをやっちゃうとバッドエンドでラスボスまで辿り着くことはできなくなります。

『ブシドーブレード』の戦いは、常に正々堂々と武士らしく行わなければならないのです。

最後に

書いてたら、遊びたくなってきました。特に同レベルのプレイヤー同士の対戦は本当に精神がすり減るほどの緊張感がありましたよね。誰か相手いないかなー。ちなみにぼくはヘタです。