コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『ドラゴンクエストウォーク』のコロナウイルス対策が徹底されてて出歩かなくてもプレイ可能!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


スマホゲームアプリ『ドラゴンクエストウォーク』はいわゆる「位置ゲー」で、基本的に歩いてナンボのゲームです。

歩かないとあんまりモンスターも湧かないし、クエストは設定した目的地まで歩いて行ってこなしていきます。強敵が出る場所を見つけたらそこまで歩き、あんなところに回復スポットが!と見つけたら歩いたりします。だってドラクエ“ウォーク”だもの。

しかし、新型コロナウィルスってやつが猛威を奮い、なんだか緊急事態宣言まで出されそうな状況ではゲームのために出歩くのもいかがなものか、と思っちゃうのも事実。

そこで、スクウェアエニックスは2020年4月6日、ドラゴンクエストⅢイベントの更新にあたって大幅に仕様を変えてきました。歩かなくても遊べるようにしたのです。

歩かない位置ゲー、それが『ドラクエウォーク』!名付けて『ドラゴンクエストアンウォーク』!!!(違う)

『ドラゴンクエストウォーク』のコロナ対策

おそらく、ていうか確定だと思うんですけど、これらの仕様変更は不要不急の外出を控えるべき現在の状況を考えてのことでしょう。こんなことになっちゃって「プレイ人口が減りました」じゃスクエニさんも踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂ですもんね。つまりは、新型コロナウイルス対策。

その、仕様の変更点を見てみましょう。

3月30日(ドラクエⅢイベント開始時)変更

待望のドラクエⅢイベントが開始された2020年3月30日に変更となった点です。待望の、というのはぼくにとって、ですけど(シリーズでⅢが一番好き)。

スクエニさんには、イベントは開始したいけどもこれでユーザーが外出しまくって『ドラクエウォーク』がけしからんゲームだと思われちゃうのを避けようという意図があったのでしょう。

イベントスポットのタップ範囲拡大

『ドラクエウォーク』では、イベントの内容にともなって現れたイベントスポットに訪れてイベントをこなす、ということが良くあります。今回のイベントなら「商人の町」ですよね。

戦ったりして得た資材を使って宿屋と雑貨屋をレベルアップさせていくミッションがあるのですが、ある程度近づかないとタップが効きませんでした。

変更で、このタップできる範囲が拡大されたんですね。割と遠くからもタップできるので移動範囲が狭くなってありがたい。

強敵モンスターの調整

『ドラクエウォーク』のイベントでは、戦っていくとどんどんレベルが上がって強敵になっていくモンスターが現れます。ドラクエⅢイベントではカンダタ、そして2章からはやまたのおろちが登場します。

これらも出現場所が決まっていてそこまで行かなければならないのですが、頻繁にプレイヤーの周りに出てくるようになりました。移動は不要です。

「一緒にぼうけん」機能の実装延期

この機能はドラクエⅢイベント開始時に実装予定だったのですが、最大4人でいっしょに歩いて遊べるという機能でした。まさかこんな状況で複数人でワイワイ出歩くのはよろしくないので、この延期はしかたないですね。

4月6日(ドラクエⅢイベント第2章開始時)変更

4月6日になると、ドラクエⅢイベントの第2章が実装されました。しかし、世の中は以前にも増してコロナコロナ。

当然スクエニさんも手を打ってきたわけです。やっぱり、コロナのせいで遊んでくれなくなった!はイヤでしょうからね。

「どこでも目的地」設置場所の調整

目的地を訪れてクエストをこなす『ドラゴンクエストウォーク』ですが、その目的地は登録スポットを選択するほか、「どこでも目的地」機能で好きな場所を選べます。

その場所を選ぶ際、これまでは現在地の周辺は選べませんでした。ちょっと離れた場所にしか設置できないのです。歩いてナンボのゲームですから当たり前ですよね。

これが、現在地周辺も選択できるようになっています。

つまり、クエストを順番に自分の周りに設置して攻略していけば、歩かなくてもイベントを進めることができるのです。

「導きのつばさ」配布

上記のように「どこでも目的地」を設置するには「導きのつばさ」というアイテムが必要です。仕様により「導きのつばさ」を使って自分の周りにバンバン目的地を置くようになったら、その肝心の「導きのつばさ」をドンドン消費してしまいます。

新仕様で使いまくる「導きのつばさ」を補充するために5個ゲットできるミッションが追加され、さらに毎日配布されるようになりました(4月26日まで)。

「スラミチでまんたん」の回数増加

歩かないで遊ぶとなると回復スポットに訪れる回数はなくなります。減ったHPとMPを回復するのにアイテムだけでは心もとない状況ですが、なんと1日1回だけしか使えなかった全回復「スラミチでまんたん」が1日2回使えるようになりました。

「自宅で休む」の待ち時間短縮

『ドラクエウォーク』の回復手段には「自宅で休む」というのもあるんですけど、これが1回使うとその次は1時間後にしか使えるようになりませんでしたが、それが30分に短縮されます。

「においぶくろ」配布

動かないとモンスターがなかなか湧かない『ドラクエウォーク』ですが、「においぶくろ」というアイテムを使えば歩かなくても周りにバンバン湧いてくるようになります。これが平日に5個配布され、休日は10個配布されるようになりました。

4月7日より順次実装

さらに歩かないで遊びやすくなるように、以下の変更点が順次実装されていきます。

  • メガモンスター(複数人でバトルする)の出現を一時中断
  • 「商人の町」のタップ範囲をさらに拡大

最後に

これでもか、と変更されちゃってますが、スクエニさんが「このコロナ蔓延のときに本気で歩かないで遊ばせよう」と思ってるのがヒシヒシと伝わってきますね。

自宅で「においぶくろ」を使ってモンスターを呼び寄せ、「導きのつばさ」でクエストポイントを自分の周りにどんどん出し、傷ついたらスラミチに頼んで自宅で休んで回復する。外出しなくてもどんどんキャラの育成は進んでいくでしょう。

新型コロナウイルスなど『ドラゴンクエストウォーク』の前では無意味なのだ!(対策はシッカリしようね)

ドラゴンクエストウォーク

ドラゴンクエストウォーク

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ