コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

安倍晋三元首相が亡くなりました。


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


2022年7月8日、安倍晋三元首相が亡くなりました。遊説中に銃で撃たれて。凶弾に倒れたのです。

安倍晋三元首相銃撃のニュース

安倍元首相銃撃のニュースは営業車で上司といっしょにいたときに知りました。運転するぼくの横で上司が言ったのです。

「安倍元首相撃たれたって」

は?安倍さんが?撃たれた?撃たれたって何?銃で?日本で?

少々パニックになったぼくは車を停めてネットでチェック。

「ホンマや…」

奈良県の近鉄大和西大寺駅の近くで街頭演説中に真後ろから撃たれたらしい。

その日の夕方、死亡したとの速報が流れました。

みんなそうでしょうけども、なんとなく日本はそんなことが起こらないという空気間があって安心しているところもあるじゃないですか。いろいろ考えててあほじゃないぜボケてないぜ、と思ってるぼくだってある程度そうです。

でも起こった。

そのことが、漠然とショックです。

日本の問題点が浮き彫りになった事件かも

ネットでは犯人の動機やら黒幕やらが騒がれていますが、一般市民のチープな推理などどうでもよろしい。そんなのはいろいろと今後明らかになっていくでしょう。

それよりも、この安倍晋三元首相銃撃殺人事件が今後の日本に与える影響を考えたほうがいいです。

おそらく、今日は日本の分水嶺になるでしょう。のちに歴史的に見たときに安倍晋三銃撃前と銃撃後で日本が変わった、という日になるということです。

選挙演説中に国会議員が白昼撃たれるなんて、これは民主主義への冒涜ですよ。あってはならない。そして、ここのところ不安定だった日本の法治国家としての安全神話が完全に崩れた。

そして露になった平和ボケ日本の証左。演説の様子をチェックしてみると、背後を警戒しているSPはひとりもおらず、みんな前を向いている。SPがこれでは、警察も自衛隊も「まぁ日本だからそんなに真剣にやらんでも平和だからね」とロクに訓練もしてないんじゃないかと思ってしまいますし、あのSPを見てると実際そうでしょう。

そして今の日本から安倍さんが消えたという現実が世界に与える影響。「もうアイツいないぜ」と密に牙を研いでいる輩が隣にいるかもしれませんよ…。

最後に

なんかまだ少々パニクってて書きたいこと全然書けてないんですけど、書いたところで安倍さんが戻ってくるわけじゃなし、ここでやめましょう。

ところで、アベノミクスの恩恵を受けたであろう20代後半から30代の人たちがこれからの日本を担っていく主力になります。彼らがこれから日本をよくしていったら、安倍さんも浮かばれることでしょう。いまだにモリカケを鵜呑みにしてる人にはわからないでしょうけども。

まぁ、ぼくなんかは割と「安倍さん頑張ったねありがとう」って思ってたけども別に今回のことで英雄視する気もありません。ただただ、冥福をいのるばかり。そして、総理を辞任された時と同様に、「ありがとう」と言いたいのです。

 

www.cobalog.com