コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

急にMSXが欲しくなった


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


なんか急に思ったんです。MSX欲しいって。

1回思ったらどんどんどんどん欲しくなって。

ていうか、知ってます?MSX。

MSXについて

MSXとは

MSXって要はパソコンなんですけどね。

MSX(エム・エス・エックス)とは、1983年に米マイクロソフトとアスキー(現アスキー・メディアワークス)によって提唱された8ビット・16ビットのパソコンの共通規格の名称であり、MSXとその後継規格であるMSX2(1985年)、MSX2+(1988年)、MSXturboR(1990年)の総称でもある。最初のMSXを便宜上「MSX1」、「初代MSX」と呼ぶこともある。MSXturboRでは16ビットのCPUを採用した。

複数のメーカーからMSXの仕様に沿って作られたパソコンが発売された。

引用元:MSX - Wikipedia

この規格に沿って、割と多くのメーカーがMSXパソコンを製造しました。シャープや富士通、NECなどは当然のこと、キヤノンや京セラ、ヤマハなんかも製造してたんですよね。

思想として、「子供に買い与えられる安価なパーソナルコンピュータ」、「コンピュータの学習に繋げられるコンピューターの入門機」といったものがあり、つまりは家庭で利用しやすいようになっていたんです。

そして、パソコンですから多数のゲームもリリースされました。8ビットパソコンですから、他機種で遊べるゲームはほとんど移植されたんじゃないでしょうか(グラフィックは劣るものの)。

ファミコンを買ってもらえない子供が「プログラムする」なんて言って買ってもらったり、大人気のファミコンを買おうとお店に行ったら売り切れでやむなく代わりに買ったりして割と普及したんじゃないでしょうか(もちろん、そんなネガティブな理由ばかりじゃないでしょうけども)。

まぁ、MSXについては他にも書くべきことがあったりしますけど、今回は主旨じゃないのでこの辺で。

ぼくとMSX

PC-8801markⅡSRでパソコンゲームを遊びまくり、「パソコンはおもちゃじゃ!」と豪語していたぼくにとってMSXは「あっ、MSX。ふーん。おんなじゲーム出てるね」くらいのハードでした。申し訳ないけど。

なので、まったくというわけじゃないけども、あんまりMSXのゲームを遊んだことはなかった。幸運なことに88ユーザーがクラスに3人もいたので、わざわざソフトの互換性のない機種で遊ぶ必要がなく、MSXユーザーの友達んちはあんまり行ってないんです(ひどい)。

正直言うと、なんというか、グラフィック面で、やっぱり、88とは、あの、劣るじゃないですか。「なんで88あるのにMSXでゲームやらなきゃならんのん」って思ってたのは否めませんすみません。

MSXが欲しくなった

そんなMSXを、今、欲しくなったんですよね。急に。

ぼくのゲーム関連の将来的な展望というか夢として、88SRと各種レトロゲームハードを買ってソフトもそろえて夢の部屋を作るというのがあるんですけども、「そういえばMSX!」って急に思い出したカンジです。

あのころあんまり触ってないし、確かに遊んでみたいMSXのゲームもあった気がする(思い出せないけど)、何よりレトロパソコンゲーマーとしてMSXゲームに疎いのはどうなの、といった思いが一気に押し寄せてきたんですよね、なんでかわかりませんけど。

それで、冒頭のツイートが出てきたわけです。

MSX欲しい!

ネットで物色してみた

欲しい欲しいなったまんま帰宅して今なんですけど、ちょっとネットで売ってるもんかどうか、売ってるならいくらくらいなもんか、晩酌しながら色々とネット上で物色してみました。

そしたら、Amazonや楽天にはさすがにハードはないんですね。ソフトや関連書籍はありましたけど。

うーんじゃあやっぱ秋葉原とか行って物色するしかないのかなぁ…と諦めかけたときに思い出しましたよ、『駿河屋』さんを。

ここで見てみると、ありましたよ、MSX本体。すげえ。

もちろん中古だけど。


中古MSXハードMSX本体 CF-2000

 


中古MSXハードMSX本体 MX-10 BK

 

おおー、なんか見てるだけで楽しくなってくるワクワクしてくる!

価格としては1万円前後で買えるっぽい!MSX2は大体2万円台!

もちろん中古でジャンク扱いでしょうけども、これならちょっと買っちゃってもいいかなぁと思っちゃってます。しかし買うとしたらゲームソフトも多数買わなくてはなりません。

うむむむむ、これは悩みどころです。

最後に

とかウキウキしてたら「は?昔のパソコン?中古で?は?そんなのいりません」って言われました。

おいおいやっていこう、おいおい。

でもなんか、もう2018年なのに「MSXを買おう」とか言ってネットをウロウロするのはテンション上がって楽しかったです、はい。