コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

完全自由なフリーシナリオRPG『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』がルナドンに似てて面白い!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ひさびさにドハマりできるRPGに出会ったかもしれません。しかもスマホで。

TownSoftさんの『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』というファンタジーRPGなんですけど、みなさんもう遊びました?

『人食い惑星』など、放置系ながらやり込み要素が高いRPGに定評があるTownSoftさんの新作なのでリリース前から期待していたんですが、間違いありませんでした。

また始めたばかりですが、早くその面白さを伝えたいので書きたい。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

TownSoft無料posted withアプリーチ

『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』をご紹介!

『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』とは

この『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』は、広大なマップを好きなように冒険するファンタジーRPGです。

シナリオは何にもありません。キャラクタをメイクしたらプレイヤーは傭兵としてその世界にほっぽり出され、そのあとは完全に自由。まず、プレイヤーはルティファルの村に降り立ちます。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

村で依頼を請けてクエストをこなしてもいいし、ただただ世界に点在する森やダンジョンに潜ってお宝を探してもいい。人助けをするのもありだし、悪いことだってできる。この世界でどう生きるかは、プレイヤーの思いのまま。

プレイヤーは手に余る自由を手に入れてファンタジー世界に入り込むのです。

ファンタジー世界に没頭できる!

さまざまなクエスト

完全に自由なので、プレイヤーが開始後にしなければならないことはありません。しかし何か指標が欲しいところですから、まずはやっぱり酒場でクエストを請けてこなし、その報酬をもらうのがセオリーでしょう。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

手紙を隣の町に届けるというお使いから貴重品探索、モンスター討伐などさまざまなクエストがあるので、身の丈にあったクエストを請けましょう。

画像にはありませんが、悪い仕事もそのうち現れるということですよ…。

数多いる仲間

プレイヤーは、他のNPCをパーティに加え、冒険をともにすることができます。難敵討伐のクエストなどでは仲間は必須なので、しっかりメンバーを揃えましょう。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

序盤のクエストはひとりでも全然クリアできちゃうんですが、やっぱりパーティを組んでこそそれらしい冒険ライフになるというもの、キャンプしたときなどは色々しゃべってくれるので楽しいですよ。

HEXのワールドマップ

町から外に出ると、そこには広大な世界が広がっています。

マップはHEXであらわされ、まるでボードゲームのよう。これがまた雰囲気あるんですよね。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

自分がいる位置のとなりのHEXをタップ、その様子(地形、戦闘になる確率など)をうかがってからもう一度タップして移動となります。

カードを使った戦闘

戦闘は、カードを使います。

一見カードバトルのようですが、スキルやアイテムがカード状になっていてそれを選択するので、普通のコマンドバトルと言っていいかもしれません。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

キャラクタにはスタミナがあり(ステータスのSの部分の数字)、移動時にそれを消費するんですが、戦闘時にカードの左上にある緑色の玉のなかの数字も使用するたびに消費していきますので注意。

ところで、背景画像との対比でモンスターがすごく小さく見えません?

昔遊んだRPGに似ている

というわけで、そのシステムとグラフィックに惚れて遊んでいるんですが、まだ序盤ながらすごい面白い。とにかく面白い。

とにかくクエストをこなし、お金をためて装備を良くしていき、たまには何の目的もなくダンジョンに向かう…そんなことを繰り返していくうちに本当にその世界に入り込んでしまったような錯覚を覚えます。

パーティはスタミナを消費して行動しますが、そのスタミナを回復するためにキャンプを張ります。そのときに仲間のキャラクタがいちいちしゃべってくれるんですが、これも雰囲気があっていいですね。

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

女性キャラクタから「良いわね。」なんて言われると照れちゃう。もしかしたら、結婚もあるかも!?システムにあるのかはわかりませんが。

さて、昔っから特にPCでゲームをしていた人はこのゲームの特長をみてとあるRPGを思い出すかもしれません。

そうです、アートディンクの『ルナティック・ドーン』シリーズです。

町から町を渡り歩きクエストをこなし、装備を整えダンジョンを攻略する。英雄を目指してもいいし、悪事に手を染めてもいい。『ルナティック・ドーン』はそんな自由すぎるRPGでした。

まったくいっしょ!この『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』は、ルナドンとまったくいっしょ!少なくとも、コンセプトはまったくいっしょ!

なので、ぼくのように『ルナティック・ドーン』シリーズが大好きで遊びまくった人には非常に強くオススメできます。

スタミナが足りない!

そんな、ぼくにとっては完璧といっていいRPGである『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』であるんですが、少し残念な点があります。ていうか不満。仕方がないんですけど。

それは、とにもかくにも満足に遊べない!ということです。

このゲーム、先に書いたとおりスタミナという概念があるんですが、何をするにもこれを消費します。なくなるとキャンプを張って回復します。しかし、回復すると時間を消費する。この時間は放置して回復するしかない。つまり、なくなったら自動的に時間をあけなくてはならない。TownSoftさんでおなじみの「祈り」をすれば回復するんですが、これもすぐなくなります。

ずーっとこの世界に浸っていたいのに、現実に戻らざるを得ない現実。悲しい。無料でこんないいゲームを遊ばせてもらえるんですから、文句は言えないんですけども。

一応、冒険キットを610円で購入すれば最大放置時間は増加するんですけどもね。市販の普通のゲーム並に支払ってもいいから完全制限なしで遊べるようにしてくれないかしら。

まぁしかし、そんなことになったらかつてルナドンでそうなったように、このゲームの世界から戻ってこれないことになっちゃうので、今のままでいいかもしれません。

最後に

というわけでこの『Seek of Souls - 自由なる冒険 -』、若干の不満はあるものの、非常に楽しく面白く遊べる傑作です。

RPGのストーリーは自分が作るんだ、フリーシナリオやオープンワールドが好きだと思っている人には強くオススメできますので是非どうぞ!

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

Seek of Souls - 自由なる冒険 -

TownSoft無料posted withアプリーチ