コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

フランシスコ・ザビエルについて調べる娘を手伝ってたら自分のブログ記事が役に立った


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


盆休みにカミさんの実家に行くことを楽しみにしている娘は、それまでに夏休みの宿題を片付けると言って頑張っています。

そんな娘が、休みで家でくつろいでいるぼくに言いました。

「フランシスコ・ザビエルについて教えて」

は?ザビエルですか?

br-50 フランシスコ・デ・ザビエル 100円ブロマイドステッカー 100円ステッカー 偉人 ステッカー

歴史上の人物をひとり調べるという宿題

はぁ、ザビエルねぇ、何でザビエル?

とか思って聞いてみたら、どうやら「歴史上の人物をひとり調べてまとめる」とおいう夏休みの宿題があるらしい。

まぁまだ中学生ですから、みんなスマホやPCを使ってネットにあることをほぼコピペして一瞬で終わらせるらしいんですが、時代は変わりましたね。もう軽く調べるなら図書館に入り浸らなくてもいいんですもんね。

そして要するに、ウチの娘はネットで調べるのもめんどくさがって、歴史好きなぼくに白羽の矢を立てた、ということらしい。 わしゃWikipediaか。

ザビエル講座

しかし、頼まれて悪い気はしません。

「そうかザビエルか。よし、お父さんペディアがおせーてやろう」とぼくは言い放ち、ザビエル講座を開きました。

ザビエルはイエズス会の創設メンバーであること、日本には布教に来たこと、中国で死んだこと、バスク人であること、バスクという地方の特異性、日本でザビエルの通訳として働いたヤジローのこと、などなどを矢継ぎ早にしゃべるぼく。そのままぶっつけで宿題の用紙に書く娘。おい、手を抜くな、手を。

それにかまわずどんどん書いていって「あっ、まだ余白がある」とか言い放った娘はザビエルの生涯の年表をスマホでカンニングしながら書きだしました。

ザビエルの豆知識を欲しがる

結局ネットで調べてますやん、ワシ要りませんやん。とか思ってたら「まだまだ書ける場所がある。何かザビエルの豆知識なーい?」とかいう娘。

何やザビエルの豆知識て。

と思ったんですけど、そういえばここに書いたわ。

ぼくはこの記事でザビエルはハゲではない、あれはトンスーラという聖職者をあらわす髪型だ、さらにザビエルはトンスーラにしていない、つまりザビエルはフサフサなのだということを書いています。

ちなみに、自分では個人的に気に入っている記事なのでみんな読んでね。ネタバレしちゃったけど。

自分からブログを見せた

ちょっとだけ迷ったんですけど、ぼくはその記事を娘に見せました。

「これ、読んでみ。お父さんが書いたやつやけど」

「え?お父さんが?書いたの?え?すごい」と言ってから全部読んだあと、「ザビエルはハゲではない」と書き、続けて内容を書き込む娘。

思えば、身内に自分からこの『コバろぐ』を見せるのは初めてです。長男にはTwitter経由でバレてるけど。

「終わった。お父さんありがとう助かった。ブログ他のも読んでいい?」

いや、とてもじゃないけど好きに読ませるワケにはいかん!ぼくは慎重に娘に読ませる記事を選んで娘に読ませました。

「はー、こんなの書いてんだ。めんどくさそう」

ああ、めんどくさくはあるけどね、まぁ楽しいよ。

最後に

それにしても。

自分の過去記事がこんなカタチで役に立つなんて思ってもいませんでした。何でも書いておくモンですね。

それがいつか自分にも役に立ったりする。やっぱブログって面白いわ。