読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

元飛び込み営業マンですが、「訪問販売お断り」のステッカーは貼っちゃダメだよ


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


みんなイヤがる訪問販売や勧誘のピンポン。日常の中にいきなり飛び込んでくる営業マン。あーイヤだ。

前にも書きましたが、ぼくは昔、そのイヤがられる個人宅への飛び込み営業もやってました。

dabunmaker.hatenablog.com

この記事はどのような家をリフォームの飛び込み営業マンが狙っているかを書きましたが、今回は恐らくどの業種の営業マンも喜んでピンポンを押すであろう家を書きましょう。

「セールス・勧誘お断り」ステッカーが貼ってある家

それはズバリ、「セールス・勧誘お断り」なんて書いてあるステッカーがドアや門に貼ってある家です。

キョウリツサインテック 禁止ステッカー 「セールス・勧誘は一切お断り致します。」 HLA-7 シルバー

セールスや勧誘は一切お断り致します。 高耐候性ステッカー 30X150mm ヨコ型

こんなステッカー、良くあるでしょう。

これが貼ってあったら、取りあえずピンポン押してました。

え?お断りって書いてあるやん?って思った人、甘いっす。

お断りされてるのにピンポンする理由

どういう人がこれを貼りたがるか、そして飛び込み営業マンはどういう人に会いたいか、を考えれば、これはわかります。

一体どういう人がこういうステッカーを貼るのでしょう?

これを貼る人その①これで安心、と思ってる人

「これさえ貼っておけば、もう飛び込み営業は来ないわ!だってお断りって書いてあるんですもの!」って心底安心してる人です。そうやってストレートに書いてるわけですから、もう来るワケないと思ってるピュアな人ですね。

ピュアな人は説明さえすれば「あーそうなの!スゴイ!わかったわ!いくら?」ってなる確率が非常に高いです。

これを貼る人その②自分で断れない人

もし誰かがピンポーンって鳴らした場合、居留守もできないし出ちゃったら何を言われても断り切れないような気が小さい人。そういう人が自分の代弁者としてこのステッカーを貼りがちです。

こういう人は、1回会えれば会った瞬間から営業マンのペースですから、有難いお客様だと思われます。

つまり!

ステッカーを貼っているということは、上記のような人だという可能性が高いと思われるので、どんだけサボってる営業マンでもやってきます。

こういう人たちって、一件一件ピンポンピンポンして一撃必殺を狙っている営業マンにとっては時間を要しないホントにありがたい人たちだと思われてるんです。

だから貼るより貼らないほうがいい

あくまでも可能性の話ですが、貼ってあると喜んで来るというのなら、貼らないほうがいいでしょうね。新人の営業マンなら避けることもあるでしょうし、ベテランでもよりメンドくさくなさそうなほうから行くことがあるからです。ちょっとかも知れませんが、来ない可能性は上がると思います。

逆に貼ってあると、上記のようなこれで安心と思ってる人、自分で断れない人であるだろうと思って来ますから、しつこくなる可能性アリです。

最後に対処法を

これはステッカーを貼ってても貼ってなくても一緒ですが、もし話をしちゃった場合、何を言われてもどんだけ時間がかかっても「自分には必要ない」とだけ言い張ることです。絶対他のことは言わない方がいいです。取りつくシマもないと思わせることです。

また、最悪なことにドアを開けちゃってた場合、そのときはどんな段階だろうがドアを閉めることですね。

要は、話を聞かないという意思をハッキリと持つことです。あとやっぱり、まずはドアは開けないように。