読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『GOGOMONZ(ゴゴモンズ)』に登場したダイナマイト信州とSAKU-SANAEは小林アナなのか?を検証する


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


さて、いきなりさて、埼玉のFMラジオ局NACK5の『GOGOMONZ(ゴゴモンズ)』という番組について書いたわけですが。

3月頭に女性パーソナリティの吉田奈央さんがいきなり休んじゃって以来、物議を醸しぼくもお気に入りの番組なので気になって気になってしょうがないんです。

GOGOMONZハッピーウィーク

で、先週、「GOGOMONZハッピーウィーク」と題し、NACK5の他番組でパーソナリティを務める方々が日替わりでGOGOMONZの女性パーソナリティを務めました。

登場したのは以下のとおり。

4月17日 横田かおり(GOGOMONZ初代女性パーソナリティ)、高橋胡桃
4月18日 ダイナマイト信州、小松美咲
4月19日 横田かおり、佐藤ミケーラ
4月20日 アイシス、SAKU-SANAE

それぞれ面白かったですね。

で、それはいいんですけども、問題はダイナマイト信州とSAKU-SANAE。この2人がしゃべると「むむむ?どっかで聴いたことある声だな?」となった人も多いでしょう。

「ていうか、小林アナちゃうんかい」

小林アナって?

f:id:gaou2:20170423105110j:plain
(画像掲載元:小林アナ FM NACK5 79.5MHz エフエムナックファイブ

小林アナさんは、サンミュージック所属のピン芸人さん。

長野県出身。元地方局アナウンサー。特技の早口言葉を取り入れたネタや、アナウンサー生活をネタにしている。お笑いライブを中心に、TVにも出演。主な出演作品に、ライブ『サンミュージックGETライブ 』『レペゼン』、BSフジ『ワッチミーTV×TV』、毎日放送『よゐこ部』など。趣味は貧乏一人旅、カラオケ、パチンコ。特技は早口言葉、ケーブル巻き、水泳。

引用元:小林アナとは - タレントデータベース Weblio辞書

実は『GOGOMONZ』の2代目女性パーソナリティでした。

そのゲスでクズな上にちっとも面白いことをしゃべらない芸風(失礼)が、逆に面白かった。個人的には相方の三遊亭鬼丸師匠とは息が合ってたと思ってます(本人がどう思ってるかは知りませんが)

嫌いじゃなかったですよ、同じ苗字だし(関係ない)

小林アナとダイナマイト信州とSAKU-SANAE

ここで、先週の放送を聴いたひとは必ず思っているであろう「ていうか、小林アナちゃうんかい」という疑惑。この辺を探ってみたいと思います。

結論から言っちゃうと、小林アナさんに間違いないと思います。真相はわかりませんが、ほぼほぼ確定と言っていいかと。

ええ、証拠もあります。

証拠その①

まず、ダイナマイト信州とSAKU-SANAEという名前です。

小林アナさんは長野県佐久市の出身です。長野県は旧国名の信濃から信州と呼んだりしますね。そしてSAKU-SANAE。SAKUって言ってしまってるし。SAKUはおそらく佐久をローマ字表記にしたんでしょう。

あやしい。

証拠その②

ダイナマイト信州とSAKU-SANAE、GOGOMONZに登場した日の小林アナさんのブログに“友人”として登場しています。

本当に友人なのか?本人ではないのか?もし本人でないというなら、なんで他のパーソナリティは書かない?

あやしい。

ただしこれは、他のパーソナリティの方々と仲が悪いとも考えられますな。

しかし、あやしい。

証拠その③

いや、声一緒やし。まったく一緒やし。

ガサツで不器用な小林アナさんが他のキャラをやるときに地声でいっちゃうというのは十分考えられます。

「偶然同じ声だった」「実は小林アナだった」どっちだと思うってハナシです。

あやしい。

証拠その④

番組中、三遊亭鬼丸師匠がときどき「アナは…あ、信州は~」と言い直すことがありました。

いくら似てるからってそこ間違えるぅ?

あやしい。

結論

そういうことなんです。ズバブーン。

以上を考えると、ダイナマイト信州もSAKU-SANAEも小林アナであろう、と結論付けていいかと思います。

うーん、名推理(ヘボ)

最後に

いやそうだよ小林アナだよわかってんだろう?ここまで付き合ってくれてありがとうございます。

ていうか、今後どうなるんですかねー『GOGOMONZ(ゴゴモンズ)』。ヘンなやめ方でヘンな噂が立ってるから、誰もやりたがらないのかも知れないなー。

好きな番組ですから、個人的にはこれからも注目していきます。