コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

衆議院議員総選挙で誰に投票したらいいかわからないって若い人へ


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


さて、第48回衆議院議員総選挙の公示は終わっています。

f:id:gaou2:20171012010844p:plain

みんな投票はいつかわかってる?10月22日ですよ!

有権者はみんな投票するんだぞ。

誰に投票したらいいかわからない?誰にもわからんよ

ウチの会社は若いやつも多いけど、彼らに聞いてみると大体2つに別れます。

「投票しても無駄だ変わらない」
「誰に投票したらいいかわからない」

心配するな、みんなわからん。ずっとちゃんと投票してきた大人だって分かりません。

どれだけいいこと言ってても議員になった途端エゲツないことする人や、議員になった途端トーンダウンして何も出来ない人、何回目かの当選で所属党内で偉くなっちゃってどっち向いてるか分からなくなった人、色んな人がいるけど大抵の人はよろしくないように見えるからね。

それでも誰かに投票するんだ。

じゃあ、誰に投票するのか?

誰に投票するかを決定するときに、みんな勘違いしてるんですよね。

選挙っていうのは立候補者の中から一番いい人を選ぶものじゃないんです。そうじゃなくて、立候補者の中から一番マシな人を選ぶんです。あらゆる角度から見てね。

候補者にはそれぞれ一長一短あると思いますけども、政治家としての長所なんてみんな大体いっしょなんです。だから長所が一番いい人を探しても、なかなか自分が投票すべき人が決定できなかったりします。

しかし、短所はバラエティにとんでますよ。それらを並べてみて比べてみてください。きっと笑えますから。ひとしきり笑ったあと、一番マシな短所の人を選ぶといいかと思います。

しかしそのためには、各候補が何を言っているのか何をしているのかをキッチリと見なければなりません。選挙となったら一斉に町にワラワラと出てくるので、よーく観察しましょう。

選挙権持ってるくらいの年齢の目でちゃんと見たら、自分にとって誰がマシかわかってくるハズですよ。

もう1回言いますけど、誰が一番かじゃないです、誰がマシか、ですよ。

投票するのは無駄じゃない

「投票しても変わらない無駄だ」って言ってる人は、大抵投票に行かない言い訳で言ってるだけ。そんなこと言わないでちゃんと投票行って。

マシな人を選ぶのは、マシじゃない人が選ばれちゃって国がダメなほうに傾くのを防ぐためです。マシな人を選んで国が悪くなろうとするときにブレーキをかけるんです。

「投票しても(いい方に)変わらない」じゃなくって「投票しなかったら(悪い方に)変わる」んです。

日本社会って不思議なもんで、これは日本のいいところだと思うんですけど、ある程度マシに物事が運んでたら何となくウマく維持されるんですよね。何となーく。

その日本のいいところを持続するためには、よりマシな人を国会に送り込まなければならないのです。

選挙で“良くする”んじゃない、“悪くしない”んです。是非そう思って自分が投票すべきマシな人を探してみてください。

最後に

ぼくも昔は「投票しても変わらない」とか言って選挙投票に行かなかったことがあります。そういう人は昔も今も多いです。でも、だからジワジワとマシじゃないほうに日本が傾いちゃった感があって反省してるんですよね。いや、もちろんぼくの1票だけでそうなったわけじゃないですけども(笑)

だから、若い人にはちゃんと投票に行って欲しい。日本がマシなままでいられるようにちゃんとマシな人を選んで欲しい。重ねて言いますが、一番素晴らしい人を探すんじゃないです。一番マシな人を探してみてみましょう。

あ、以上はあくまでもぼく個人の意見ですけどね。誰に投票したらいいか分からないって人は参考にしてみてください。