コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

もしかしたらもう二度と新しいゲームを本当に楽しむことはできないのかもしれないと思った


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


先日、『スーパーマリオブラザーズ』35周年に向けての任天堂の本気を見せつけられました。すなわち、『スーパーマリオブラザーズ35周年Direct』。

35周年に向けて様々なキャンペーンやコラボが張られ、新しいゲームもわんさか出てきて、ぼくもコーフン気味に記事を書きました。

www.cobalog.com

しかし、ぼくは確かにコーフンしたんですけど、とあることに気付いて愕然とするとともに自分に対して寂しく感じてしまったことがあるんです。

もしかしたら、ぼくはもう二度と新しいゲームを本当に心から楽しむことができないのかもしれない。

ささったのは『ゲーム&ウォッチ スーパーマリオブラザーズ』

『スーパーマリオブラザーズ35周年Direct』を見て、ぼくが間違いなく一番コーフンしたのは『ゲーム&ウォッチ スーパーマリオブラザーズ』。

f:id:gaou2:20200904020440j:plain
(画像掲載元:スーパーマリオブラザーズ35周年|任天堂

「うおおおお!?ゲームウォッチ!?!?『スーパーマリオ』が!?ゲーム&ウォッチに!?!?!?」

ゲーム&ウォッチは一世を風靡しましたから、我が家にも親父が買ってきたやつやぼくが買ってもらったやつなどが結構な数ありました(ウチの親父は新しいものが好きで使いもしないのに買うクセがあった)。そのゲーム&ウォッチで、ビデオゲーム史におけるエポックメイキングな名作『スーパーマリオブラザーズ』が遊べるんですから、オッサンの心は燃え上がるに決まってるんです。

その次にコーフンしたのが、『スーパーマリオコレクション』が『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で遊べるということ。

そりゃぼくは昔っからパソコン、ファミコン、その他もろもろのハードでゲームばっかりしてきましたし、「最大の趣味はゲーム」と言って憚らないゲーム野郎なので、かつて遊んだ名作が今遊べるってことにトキメキを感じるのは当然のことです。

新しいゲームへの鈍感さ

しかし、一方。

『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』については「ほーん、フューリーワールドってどんなんやろなぁ?」、『マリオカート ライブ ホームサーキット』については、あれだけスゴい技術を見せつけられてるのに「ふーん場所とりそうやな」、『SUPER MARIO BROS. 35』については「アカン、多分ついていかれへんわ」という感想が先に来てしまってました。

なんというか、「触ってはみたいけど、きっとハマることはないだろうなぁ」というか、その程度の感想しか持てない。

元々、遊ぶゲームと言えばシミュレーションかRPGで、アクションゲームなんて好んで遊んでないんですけど、『スーパーマリオ』は一応シリーズ通して遊んでますし、絶対にハマってました。だから、新しいマリオを見たらもっと気持ちが高ぶっていいはずなんです。

ちなみに、『スーパーマリオ 3Dコレクション』については『スーパーマリオ64』は絶対に遊びたいですが『サンシャイン』と『ギャラクシー』は別に…ってカンジです。

これが、我ながらちょっとイヤで。

もうぼくには新しいゲームは必要ないんじゃないだろうか、新しいゲームはスマホでポチポチで十分なんじゃないだろうか、ずっと古いゲームだけやっとれジジィゲーマーが!とか思っちゃうのです。

別に、歳もとったしいいっちゃいいんですが、あれだけ愛したゲームというものをないがしろにしているようで何だかイヤなんです。もう二度と新しいゲームは楽しめないんだろうか。

そして、新しいモノを受け入れられないほど自分の頭が固くなったと考えるのもイヤ。

最後に

要は、自分がジジィになりつつあるのがイヤだって話でしかありませんけど。

思えば、『スプラトゥーン』も『スマブラ』も、息子が遊んでるのを見てるだけで十分だもの。それを横に見ながら自分はスマホで『信長の野望・全国版』をやってたりするわけです。

昔のゲームはいいぞぉ!(老害)

それだって昔みたいにずーっとやってられないけども。