読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

ホテル・旅館の宿泊予約キャンセル料を節約しよう!宿泊予約権利売買サービス『Cancell(キャンセル)』が画期的


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


どうも!コバヤシです。

ちょっと面白いWebサービスを見つけたので、今回はそれをご紹介。

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】 がそれです。

宿泊予約権利売買サービスって?

宿泊の、予約の、権利を、売買する、サービスですってそのまんま(笑)。

例えば、アナタが秋の紅葉でも見ようと思って仕事も休む手続きをして、ステキな京都の旅館に宿泊予約を50000円で入れているとします。

旅行まであと10日、ルンルン気分のアナタに突然忍び寄る怪しい係長が悪魔のプレゼント(どっかで聴いたフレーズだな)を持ってやってきます。

「おい!急ぎの仕事だ!会社の命運がかかっている!旅行?行ってる場合か!」

社畜なアナタは泣く泣く宿泊予約をキャンセルして50%のキャンセル料、25000円を払うハメになってしまいました。

これ、今までの話。今なら宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】 があるじゃない!

宿泊権利を売買すると…ウィンウィンウィーン!

アナタが買った50000円の予約権利を『Cancell(キャンセル)』に40000円で出品して、それが売れれば10000円のマイナスで済むんです。キャンセル料25000円を払うことを思えば15000円お得じゃないですか!

また、宿泊したかったのに予約を入れられずに泣いていた人が40000円で出品されているのを買えば、10000円お得に宿泊できるんです!

もちろん、宿泊施設のほうもキャンセルされた部屋が埋まらずに無駄が生じることが無くなります。

これ、誰も損しないですよね。買う人、売る人、そして宿泊施設みんながウィンウィンウィンの関係。このサービス思いついた人すごい!

詳しくは公式サイトをご覧くださいな。

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

具体的な超カンタンな流れ

利用は国内の宿泊施設すべて

『Cancell(キャンセル)』に宿泊予約権利を出品できるのは、国内の宿泊施設すべてです。現在は海外の宿泊施設は対象外だそうです。現在は、となっていますので、そのうちサービス拡大するかもしれませんね。

出品は無料で

申請フォームにて必要事項を入力して申請すれば、『Cancell(キャンセル)』スタッフが申請内容の確認、チェックし間違いがなければ出品されます。出品は無料で出来て、売れなくても費用は一切かかりません(その場合は宿泊施設に正規のキャンセル料を払うだけ)。

サイトに掲載

出品した予約はただちにサイトに掲載されます掲載時間や金額の変更などは出品者がダッシュボードにていつでも可能です。

あとは待つだけ。面倒なコミュニケーションもいりません。『Cansell(キャンセル)』側もTwitterやFacebook、メルマガなどで販売をサポートしてくれます。

代金受け取り

アナタの予約が買われても、面倒な手続きはありません。スタッフがすべて行ってくれます。

確定した金額は保証され、万一購入者が「やっぱいらない」となったときにも確定したあとの代金は100%保証されます。安心ですね。

このように、超カンタンに予約権利を売ることができます。もし今、予約キャンセルをしちゃう案件がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

利用の際、気をつけたいこと

①扱いは事前支払いの予約のみ

予約して現地に行ってから支払うタイプの予約には対応してません。あくまでも事前に支払うタイプの予約のみです。

今後、対応していくそうですが、これが対応となると使う機会は増えそうですね。

②支払いは通常通り行う

予約が売れても、宿泊施設に支払いをするのはアナタです。売れた代金は『Cancell(キャンセル)』より受け取れますので、その差額をトクしたね、ということなのでご注意を。

また、売れなかった場合の予約キャンセルも速やかに行いましょう。

その辺を気をつけて、予約キャンセル予定なら利用してみたらいかがでしょう。

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

最後に

これ、ホントに面白いサービスだと思います。誰も損しないサービスってなかなか思いつかないですからね。

もし現地支払いでも対応となったら利用する人も大幅に増えて大きく成長するような気がしますね。

思いついた人スゴイ。

宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】