コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

異色のローグライク『ダンジョンランカーズ』が面白い!ダンジョンに潜り最後まで生き残れ!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ローグライク好きブロガーです。相変わらずローグライクばっかり遊んでる気がしますよ。

そしてまたまた面白いローグライクを見つけました。タイトルは『ダンジョンランカーズ』。

ダンジョンランカーズ
ダンジョンランカーズ
開発元:Masahiro Kano
¥360
posted with アプリーチ

ローグ、ローグライクについては以下の記事をどうぞ。

異色のローグライク『ダンジョンランカーズ』

『ダンジョンランカーズ』とは

この『ダンジョンランカーズ』はちょっと変わっていて、ダンジョンに潜る冒険者がプレイヤーのほかに98人います。つまり冒険者は99人。自分以外はNPCで、他のプレイヤーがオンラインで繋がってるってわけではないので、あしからず。

そして、このゲームの目的は、ダンジョンでのサバイバルを生き抜いて最後のひとりになることのみ。

珍しいタイプのローグライクだと思いますが、複数の冒険者とモンスターが入り乱れるバトルロイヤルはなかなか圧巻です。

f:id:gaou2:20180110131814j:plain

運が悪いとゲーム開始直後で冒険者とモンスターだらけになることも。こうなると速攻ゲームオーバー必至。

アイテムを拾いまくれ

『ダンジョンランカーズ』のダンジョンにはお店なんかはありません。武器や防具などの装備品、攻略のカギを握る魔法書などはすべて床に落ちているやつを拾わなければいけません。

また、このゲームにはレベルの概念がなく、ステータスアップは肉やらのパワーアップアイテムを拾ってなされていきます。ちなみにステータスアップのアイテムはモンスターがドロップするやつのみですので、イヤでもモンスター退治もある程度しなければならないのでご注意を。

さらに、落ちているアイテムは当然他の冒険者も狙っています。彼らより先に強力なアイテムを回収しなければなりませんが、あまりそればかりに目を取られていると他の冒険者とモンスターに囲まれて即死なんてこともあるので、アイテム回収も回りの状況をよく見て行おう。

恐怖!フロアスイーパー!

このゲームには、ローグライクによくある食糧や空腹度の概念はありません。じゃあ最後のひとりになるまで下の階に行かないでウロウロ逃げ回っていればいいかと思っちゃいますがそうもいきません。

一定のターン数が経過すると「○○階が閉鎖されます」とメッセージが出て、それから強力なフロアスイーパーが現れます。

f:id:gaou2:20180110133332j:plain

こいつ、倒せません。しかもワラワラ出てきます。出てきたら下の階にいく階段にたどりつくのは至難のワザです。ていうか挟まれたりしてほぼ不可能。

思いのほかひとつのフロアでターンを消費したりすることもあるので、各階なるべく早く下に降りておくことも攻略のためには必要です。

遊んでみた

見つけてすぐインストールしてザッと200回遊んでみました。その結果がコレ。

f:id:gaou2:20180110133831j:plain

まだ92位!99人中92番目!最後まで生き残ったの2回だけ!

まぁ、それくらいの難しさです。

この記録を見るとわかりますが、ぼくのキャラは平均キル数(他の冒険者をキルした数)がズバ抜けていてこの成績なので、むしろ他のキャラとの接触はなるべく避けてドンドン降りて行ったほうがいいかもしれません。ただし、モンスターは積極的に倒してステータスアップを図ったほうがよさそう。しかしそれもターン制限と相談しないとフロアスイーパーにやられることになっちゃう。

そのへんのヒリヒリするバランスは正にローグライクで、ローグライク好きなら間違いなく楽しめるでしょう。

『蠱毒の迷宮』に似てる!

これは余談ですが、この『ダンジョンランカーズ』、見つけたときから何か聞いたことあるなーと思ってました。遊んでみても「なんか知ってる…」感がすごい。

で、思い出しました。

『蠱毒の迷宮(こどくのめいきゅう)』だ!

『注文の多い傭兵たち』というコンピュータRPGのリプレイ集があるのですが、その本の後半にPRGの企画が数多く掲載されていて、『蠱毒の迷宮』はそのうちのひとつです。

ちなみに、書いているのは各方面で大活躍されているクリエイター、押井守さん。さらにちなみに、この本についてはぼくも以下の記事で紹介しています。

『蠱毒の迷宮(こどくのめいきゅう)』は狂った王に地下迷宮の奥深くに放り込まれた冒険者たちが地上を目指すというRPGです、確か。

ただし、地上に戻ることを許されるのはたったひとり。武器やアイテムを奪い合い、パーティを組んで他の冒険者と戦い、そのパーティメンバーを裏切りつつ最後のひとりとなることを目指すのです。

ダンジョンを地下に向かうのか地上に向かうのかが違うくらいで、ほぼほぼいっしょじゃないですか。

もしかして『ダンジョンランカーズ』作ったの押井さん!?

ンなわけないか…。

最後に

いかがですか、『ダンジョンランカーズ』。

ちょっと普通のローグとは毛色が違いますが、ローグライク好きには間違いなく楽しめます。

みんな割とよくしゃべるので楽しい。

f:id:gaou2:20180113010152j:plain

『ダンジョンランカーズ』は有料アプリでダウンロードするのに360円かかるわけですが、落とし切りで広告は一切ないので遊びやすいですし、これだけ楽しめられるなら全然払ってオッケーでしょう。

特にローグライクが好きな人は一度遊んでみたほうがいいですよ!

ダンジョンランカーズ
ダンジョンランカーズ
開発元:Masahiro Kano
¥360
posted with アプリーチ