読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

ぼくは毎晩ひとり飯


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


さて、久々にはてなのお題に応えてみよう。

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

(この行を消してここに「ひとり飯」について書いてください)

↑とかあるので、消さずにこのまま書こうと思います。ささやかな抵抗。無駄な抵抗。

いやいや、そんなことより「ひとり飯」。

ていうか、ぼくは毎晩ひとり飯。

毎晩ひとり飯

てか、そんな男性多いんじゃないかなぁ。独身なら当然だし、既婚者でも家族と晩飯食えるくらい早く帰れてる人どんだけいるのか。みんな仕事忙しくて「晩飯を家族と」なんて夢のまた夢、なんてザラでしょう。

さて、ぼくの場合。

はい、毎晩ひとり飯です。

いつぞや書いたかも知れんけど、ウチの会社は別に午後6時には家路につけるんだけど、カネのために午後11時までは大概会社にいるから家に着くころには当然みんな晩飯食い終わってるんです。最近、会社が移転して通勤が1時間以上になったからなおさら。

カミさんは起きててくれて、帰ってシャワー浴びてる間に下ごしらえだけしておいた晩飯をササっと作ったりあっためたりしてくれて、シャワー終わればすぐ食べられるようにしてくれます。

まぁ、そこから米を食うわけじゃなくて、その日のおかずを肴にビールを飲むカンジなんですけどね。

みんなで食いたい病

でもメシってひとりで落ち着いて食うほうが好きですから、別になんてこたないです。家族とはいっしょに食いたいと思いますけど、会社で「遅くなるからまず晩飯みんなで食うべえ」とか勘弁願いたい。

たまにみんな言ってますけど、ぼくは行かない。みんな行ってる間に反響来たら自分の新規客になるし。そっち優先。

なんか「みんなで食いたい病」みたいなやつたまにいるけど、何なんあれ?「昼飯食いに行きましょうよ」とか、誰かがウンというまで聞いて回ってるやつ。ウルセェな、そんなの聞いてる間にとっとと食ってきてサッサと戻ってくりゃいいのに、とか思っちゃう。プライベートでならいいけど、会社ではヤダ。

でも上司とはいくけど。どんなチャンスがあるか分からんし、何か吸収できるかもしれんし、おごってもらえるし(そこか)。

最後に

というわけで、ぼくのひとり飯事情でした。

ひとりで飯食うと落ち着くし、余計な時間がいらんからすぐ仕事や趣味に戻れるじゃない。

ていうか、酒の席でもないのに外でワイワイ集団で飯食ってる男ってヤじゃない?

ていうか、Netflixさん、はてな界隈でこんなんやってないでどっかでアフィらせて下さいよ~。どこにもないよね?

Sponsored by Netflix