読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『信長の野望』シリーズ最新作、『信長の野望・大志』がPC/PS4/Switchで発売決定!という朗報はぼくにとっては悲報かもしれない


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


『信長の野望』シリーズの最新作がPCとPlayStation4とNintendo Switch向けに発売されることが決定したそうな。タイトルは『信長の野望・大志』

コーエーテクモゲームズのサイトに行ってもまだ情報はなく、ファミ通記事にあるとおり、4月27日発売の『ファミ通』で詳細を確認するしかない状況ですが、気になります。

キーワードは“志”

 週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズの最新作である『信長の野望・大志』が、ついに発表となります! 『大志』というタイトルから連想される通り、本作は武将ひとりひとりが持つ“志”にスポットを当てているとのこと。記事中では、その詳しい意味について、本作の開発陣に答えていただいています。『信長の野望』ファンの皆様、お見逃しなさいませんよう!

引用:【先出し週刊ファミ通】シリーズ最新作『信長の野望・大志』が、Nintendo Switch、PS4、PC用タイトルとして発表!(2017年4月27日発売号) - ファミ通.com

武将ひとりひとりが持つ“志”にスポットを当ててる?どういうことでしょうね。前作の『戦国立志伝』と同じく武将プレイになりそうなキーワードではあります。

その他、ネットで見つけた情報(どういう経路で出てきた情報かわかりませんので、噂レベル)。AIが強化され、“志”に則って武将が行動する、シリーズ最多の武将が登場する、などがあります。

『信長の野望・大志』にモヤモヤする

ここからはこの嬉しい最新作リリースの報を受けてぼくが個人的に考えたことを。

モヤモヤしてます。ちょっと悲しい。

『太閤立志伝』はー?

前作『信長の野望・戦国立志伝』のリリースが決定したときにも書いたことですが。

まさに同じ感覚に陥ってます。『大志』が武将プレイだということが前提ですが。

つまり、ぼくは武将プレイは『太閤立志伝』シリーズでやりたいんです。『太閤立志伝』シリーズは第5作以来、発売されていません。色々粗があるゲームではありましたが、戦国武将となって戦国時代を体験するのに十分面白い内容でした。

このシリーズの終焉を前作『戦国立志伝』の登場で感じたわけですが(だってこのタイトルも…)、今回も武将プレイになるならば、これはもう確定なのかも知れないなーと少し寂しくなっちゃってます。

『三國志』はー?

これもちょっと寂しい話ですが、かつてコーエーテクモが光栄だったとき、『信長の野望』シリーズと『三國志』シリーズは隔年で交互に発売されていました。もはやそれはグチャグチャになってたんですが、一応交互に発売という掟は守られていました(ぼくの記憶違いがないならば)。

しかし、前作『信長の野望・戦国立志伝』が発売されたのが2016年3月、そして『三國志』シリーズ最新作『三國志13』が発売されたのが2016年1月。つまり、次は『三國志』シリーズが発売されなきゃいけないはずなんです。『三國志14』が。

これはどういうことなんだ!

ももももしかして、『三國志』シリーズは今後金輪際発売しませんというコーエーテクモからの恐ろしいメッセージなのかも知れません(悲観的すぎ)

意外に売り上げ好調なNintendo Switch向けの『信長の野望』新作を早めに、という戦略なのかなーとぼくは邪推してるんですけどね。

最後に

まぁまずは『週刊ファミ通 2017年5月11・18日合併号』を読んで正確な情報に触れてからじゃないと何とも言えませんが。

まぁ元光栄信者としては非常に楽しみな話ではあります。