コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

ハーレーダビッドソンに憧れるぼくは変わるハーレーに戸惑う


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ハーレーダビッドソンのバイクが好きです。好きすぎてぼくの将来の夢は「なるべく早く引退してハーレーを乗り回す」です。

f:id:gaou2:20180805013207j:plain

その辺のことはずいぶん前に書きました。

まぁ、その夢はまだまだ叶いそうにないわけですが。くそう、もっともっと稼がなければ!

ハーレーダビッドソンはカッコエエ!

ハーレーダビッドソンのバイクと言えば、長くて低いドッシリとしたロー&ロングボディと1500ccを超えるVツインのドコドコというエンジン音が魅力です。また、足を前に投げ出すライディングスタイルも、ファンには外せない魅力のひとつでしょう。

さらにピカピカのメッキパーツやワイルドなレザーアイテムでオリジナルカスタムを施せるのも魅力的。

f:id:gaou2:20090317203000j:plain

歴史と伝統に溢れ、強くて富めるアメリカの象徴のようなモーターサイクル、それがハーレーダビッドソンのバイクなのです。

うん、カッコエエ!

若かったぼくはアメリカにかぶれてハーレーに憧れ仕方なく国産アメリカンに乗っていました。貧乏学生でもブーツだけはハーレーのを買ってジージャン、ジーンズというスタイルで。

変わるハーレー“More Roads to Harley-Davidson”

そんな無骨で愚直で素敵なハーレーが、どうやら変わろうとしているらしい。“More Roads to Harley-Davidson”という中期計画を打ち出したのですが、それが今までのハーレーダビッドソンとは違うんです。

250ccから500ccの小排気量クラスのモーターサイクルをアジアで展開し、ハーレー初の電動バイク「LiveWire」を2019年より市場導入、さらにダートトラッカー風のネオクラシックタイプやコンパクトな都市型コミュータータイプ、さらに世界的にブームとなっているアドベンチャーツアラーなんかも将来的には登場するらしい。

f:id:gaou2:20180805014413j:plain

これは電動バイクのLiveWireですが、全然ハーレーダビッドソンのバイクには見えません。

うーん、これはかなり変わるのね。

ハーレーよ変わらないでくれ!

ぼくは、このハーレーダビッドソンの動きに戸惑っています。ていうか正直に言うとガッカリしています。

このハーレーの変化は、メインユーザーが年を取ってきて段々バイクから遠ざかってきて若い層にアピールしなければならなくなっている昨今、求められているものだということは十分に承知しています。ハーレーダビッドソンだっていち企業ですから、利益を追求しなければならないのは当たり前です。

しかしそれでも、ぼくはハーレーには歴史と伝統のみを追求していて欲しかった。それでこそ富めるアメリカの象徴ではないのか。歴史に流れに抗う男、それがハーレーさんじゃないのか。“あの”フォルムじゃないハーレーダビッドソンなんてハーレーダビッドソンじゃない!

なーんて思ってしまうのです。

最後に

まぁ、既存路線を維持してやっていくということで、これまでのスタイルも継続されるみたいですから別に声を荒げる必要もないんですが、ああいうハーレーっぽくないバイクの写真をハーレーと言われるとファンとしては嘆きの声を上げずにはいられんのですよ。

しかし、時代がさらに進んでいくと既存のスタイルが消えないとも限らないので、“ちゃんとした”ハーレーに乗れるように早く稼がないといかんなぁ。