コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

読売ジャイアンツ13連敗!高橋由伸監督はとりあえず現場に来ない方がいいのではないか


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


うお、13連敗。

読売ジャイアンツは6月7日の埼玉西武ライオンズ戦で負けを喫し、ついに12連敗となり球団ワースト記録を塗り替えちゃいました。

と思ったら6月8日もライオンズ相手に13-2で大敗。連敗は13まで伸びました。

ちなみに、前回11連敗をしたのは1975年、長嶋茂雄監督の1年目で、この年は最下位でした。こりゃ大変ダ。

高橋由伸メモリアルカレンダー2016 ([カレンダー])

大丈夫?高橋監督?

負けるべくして負けてる気がする

ぼくは巨人ファンではないしアンチでもなく、さらに特定の球団のファンってわけでもないので割とフラットに各チームを見てるつもりです。

そんなぼくから見て、今のジャイアンツは勝つような気がしません。6日の西武戦もエース菅野投手が先発でリードしていましたけども、西武ファンの長男も安心して観てましたもん。

打席に立つ打者、塁上に出た走者、マウンドに上がる投手、みんなそれこそ死んだ魚の目をしてますし、中継でベンチが映るとこれまた葬式のよう。大連敗中なので仕方のないことかもしれませんが、野球は他のスポーツと違ってメンタルがモロに出るスポーツなので、これでは勝てません。

阿部選手は「みんなもがいている」とか言ってたそうですけど、どうもそうは見えない。

高橋監督、ヤル気ある?

ぼくから見て、野球にとって大事なメンタルが一番ダダ下がってると見受けられるのが高橋監督なんです。「大丈夫?おっぱい揉む?」って声をかけてあげたいほど暗い顔をしてます。

試合後のコメントもどことなく他人事。こういうときは監督が「自分のせい」と言えば選手も奮起しそうなもんですが「みんなで頑張らないと」としか言わない。野球の監督って現場でのマネジメントが大事なんですが(だからアメリカでも野球の監督のことは他のスポーツのようにヘッドコーチとは言わずにマネージャーと言う)、それが出来てないんです。

でも、仕方がない部分もありますよね。

現役続行を望んでたのに、半ば強制的に引退させられて即監督やらされて。それで連敗止めろとか言われても、何とかしなきゃいけないとわかっててもなかなか気持ちをもっていけるもんでもないと思いますし。

まぁ、あくまでもテレビ中継でお顔を拝見して思っただけなんですけど。

休養したら?

しかし、どんな理由があるにせよ、監督がベンチであんな暗い顔してちゃいけません。現場にいると間違いなく悪影響を及ぼします。なので現場には顔を出さないほうがいいです。

なので、辞任はしないにせよ、もう休養しちゃったらどうでしょう。

そしてシーズンオフにひっそりと辞めて、12連敗の悔しさをバネに監督ってやつを猛勉強して、それから監督として復活したのち12連敗のリベンジを果たせばいいんじゃないのかな。

まだやるってなら別に止めないけど。

最後に

ちなみに、セ・リーグの連敗記録は1970年のヤクルトの16連敗で、プロ野球記録は1998年のロッテの18連敗です。ロッテは1分け挟んでます。

どうせならこれらの記録も塗り替えて欲しい、とか思ったりします。いくまでいったら上昇するでしょう。