コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

フルコミ営業マンはモチベーションを上げるべきではない


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


突撃リフォーム営業の仕事をしています。フルコミ(完全歩合)なので、もし仕事がうまくいかなくて全然アポや契約が取れなかったら月収0円とかも普通にあり得ます。

そんな中、若いやつから相談を受けました。

「スランプです。コバヤシさんて、モチベーション上がらないときはどうやって上げてます?」

ときたもんだ。

ぼくは「?」です。モチベーションなにそれおいしいの?てなモンです。ぼくは答えました。

「そんなもん上げる必要ないやろ」

そしたら彼は心底ビックリした顔で

「え?」

と言いました。

わからんようじゃ、まだまだ甘い。このままじゃ、こんなオッサンになってまうよ。

f:id:gaou2:20210622111053j:plain

モチベーションを上げてやる仕事は害悪

いや、作業効率とか考えると、そりゃモチベーション上げて生産性を上げてテンション爆上がりで数字上がりまくってウハウハ!になるのはわかります。そして「俺って営業の天才では?」とか思っちゃう。それはそれでいいと思います。

しかし、その状態は長く続きません、絶対に。そして、そのときに「モチベーション下がってきてウマくいかないな」とか言いだすのです。そして、「モチベーション上げないと」とか思う。そしてドツボにはまっていく。冒頭の彼もそれです。

なので、モチベーションを上げてやる仕事は、フルコミ営業マンにとっては害悪でしかありません。麻薬みたいなもんです。

だって、その状態じゃないと仕事できなくなりますもん。モチベーション上がらないからスランプですとか言って、お前1ヵ月モチベーション上がらなかったらどうするの?

成果上がらなくても最低限の給料がもらえるサラリーマンとは違い、フルコミ営業マンにとってはそれは死活問題です。

死に直結する仕事の仕方なんて、害に決まってるのです。

モチベーションが上がらなくても成果を出すのが一流の営業マン

大体、一般の人の家にピンポンピンポンして話をして、何やかやあって契約が取れるとか、運ですよ運。知識と経験とテクニックなんてちょっとの要素でしかない。とにかく、運。本来、そこにモチベーションなんか入る余地がないし、入れる必要もありません。

なのに勘違いしてモチベーションをそこに持ち込んで成果が不安定とか、バカげてます。仕事なんて、モチベーションが低くても成果を出すようにしなきゃならない。お前のモチベーションなんて知ったこっちゃないんだから。数字がすべてなんだから。

モチベーションが低いまんまで高水準の成果を出し続けるためのシステムやルーティンを作らなきゃ、この仕事食っていけませんよ。ずっと高い水準で成果を出し続けている営業マンは、絶対にモチベーションなんて無駄なもんに頼ってないはずです。

モチベーション上げてより良い作品を作る必要があるアーティストじゃないんだから、ぼくらは。人々に忌み嫌われ煙たがられ拒否されている訪問販売営業マンが成果を出し続けるには、すべての言い訳を潰さなければならないんです。それができてこそ一流の訪問販売フルコミ営業マン。

モチベーションなんて上げるから下がるんだ、最初から上げるな。

最後に

これはまぁ、営業マンに限った話じゃなくて、普通に働いてる人にも言えることだと思います。どうせ“好きなことを仕事にしてる”ってわけじゃないんでしょう。だったら効率的に稼げるシステムを自分で考えて作り出さなきゃ。

それが出来ればモチベーションやテンションに関係なく身体が勝手に仕事してくれますよ。

すべてのフルコミ営業マンよ、頑張れ。