コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

あの頃、ぼくらはエニックスに騙された!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


1984年に発売された、エニックス(現スクウエア・エニックス)の『ザース』というアドベンチャーゲームがあるんですが、当時、その『ザース』に我々中学生はまんまと騙されたのだ!金返せ!

「あらやだ騙されただなんて相当なクソゲーだったのネ」と皆さん思われたでしょうが、答えは否。

では、エニックスはぼくらに何をしたかご説明しましょう。

その前に軽く『ザース』の説明を。

 

ザース

『ザース』は、1984年にエニックスより発売されたSFアドベンチャーゲームです。

エニックス初期のゲーム作品群の中では、かなり良くできたゲームだといって差し支えありません。

MSX版のパッケージ。ていうか、パッケージは全部同じですね。

見てくださいこのSF感!ヒーローと、ヒロインと、後ろは…エート誰だっけ?ヤセてるマツコ?いやいや違う。たしか敵のアタマのひと。違ったっけ?

それはさておき、SFの世界(当時のアドベンチャーゲームはSF多かったけど)が、当時においてダントツの美しさのグラフィックで表現されていて、ぼくらは確かに魅了されたのです。

 

当時のパソコンゲームの情報源

さて、エニックスはぼくらに何をしたのか、そろそろ書きましょうか。

当時パソコンゲームの情報源は少なく、それは主にパソコンゲーム雑誌によっていたわけですが、重要な情報源として広告があります。メーカーさんが「このゲームこんなんだよ買ってね!」と商品を紹介してる、まぁチラシですね。

エニックスは作品が当時から多かったため、ひとつのゲームにつき画面写真が1枚で、それがバーッと1ページに何枚も並べられスペックだけ書かれてる、みたいな広告でした。そこに載せた『ザース』の画面写真で、ぼくらは騙されたのですよ!

 

『ザース』の画面写真

まず見ていただきましょう、その写真を。そしてビビッていただきましょう。

どうぞ!

 

 

 

f:id:gaou2:20160120021549p:plain

可愛すぎる!

やっぱり、何度見ても、今見てもカワイイなぁ。そしてやっぱりこの画面は、当時の水準をはるかに凌ぐ美しいグラフィックです。で、この画面が広告に載ってるわけなんですよ。

ぼくら中学生じゃないスか、だからもう、なんていうか「このカワいい娘とアドベンチャーしたい!」って思うじゃないスか。そして遊ぶでしょ!

ちなみにこの娘さんは、ミリカという名前です。

 

ミリカ

もうぼくらはミリカとアバンチュールしたくて『ザース』で遊ぶわけです。

ドキドキしながらフロッピーディスク(あるいはカセットテープ)をセットしてロードするんです。

そしてプロローグが始まるわけです…。

冒頭からこの画面出てきますよ、いきなりミリカですよ!興奮したんです、ぼくらは。

「うおおおお!ミリカだ!」

主人公であるぼくに、画面の中のミリカは言うのです。自分が住んでる村を助けてくれ!と。

「任せろ!俺が助けてやるぜ!さっそくだけど、キミの村までアバンチュールしようか」

とか独り言を言ってたら、気が付くと画面の中にミリカはいない。そして終わるプロローグ、唐突に始まるメインストーリー。やはりミリカはいない。

ミリカは、プロローグで主人公に助けを求めに来た村人Aという役割だけを持っていたのです。

ガッデム!

村人Aをそんなに書き込むなよな!なんてこったいエニックス金返せ!とぼくらは怒り狂ったのでした。

 

もし今だったら、みんなミリカ目当てで購入して課金して「騙された!」とか言ってネットが大荒れしそうな話です。

とにかく、騙されました。エニックスさんには、いつか落とし前をつけていただきたい。