コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

えきねっとを騙る迷惑メールが2件。ご注意を!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


クソスパムフィッシング詐欺メール収集用のメールをチェックしていると、今日も今日とてドッサリ来てたわけですが、えきねっとを騙ったやつが2件連続で来てたのでまとめてご紹介します。

「【えきねっと】確認された情報」というやつと「【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください」というやつです。

えきねっとを騙る迷惑メール

【えきねっと】確認された情報

まずはコチラ、「【えきねっと】確認された情報」という件名のやつ。

【えきねっと】確認された情報

件名:

【えきねっと】確認された情報

内容:

「えきねっと」のアカウントは制限されています。通常の使用に影響を与えないように、下のリンクをクリックして関連情報をできるだけ早く確認してください。12時間以内に申し込みが届かない場合、アカウントは常にご不便をおかけして申し訳ございません。

-------------

 

【確認された情報】(リンク)

 

--------------------

お問い合わせ先

えきねっとサポートセンター

TEL 050-2016-5000

受付時間 8時00分~22時00分

サイト運営・管理

JR東日本ネットステーション

--------------------

 

このメールは「えきねっと」より自動配信されています。

返信いただきましても対応致しかねますので、あらかじめご了承ください。

 

お心当たりのない方は、誠に恐れ入りますがこのメールの削除をお願いいたします。

ご不明な点のある方は、えきねっとサポートセンターまでご連絡ください。

【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください

次にコイツです、「【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください」。

【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください

件名:

【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください

内容:

重要なお知らせ:

 

【えきねっと】お客様のアカウントが第三者による不正使用に関与し、サイバー犯罪者によるマネーロンダリングの不正行為に関与していることを当社が確認した後、アカウントは制限されました。12時間以内に関連情報を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。期限がある場合は注意してください。を超えた場合は、司法当局にアカウント情報を整理します。ご不便をおかけして申し訳ございません。

-------------

 

【確認された情報】(リンク)

 

--------------------

お問い合わせ先

えきねっとサポートセンター

TEL 050-2016-5000

受付時間 8時00分~22時00分

サイト運営・管理

JR東日本ネットステーション

--------------------

このメールは「えきねっと」より自動配信されています。

返信いただきましても対応致しかねますので、あらかじめご了承ください。

お心当たりのない方は、誠に恐れ入りますがこのメールの削除をお願いいたします。

ご不明な点のある方は、えきねっとサポートセンターまでご連絡ください。

クリックしてみた

まぁ、内容的はほぼ同じで、違うのは導入部分くらいですね。

こんなミエミエのメールなのでソッコーでクソスパムフィッシング詐欺メール確定なわけですが、一応試してみましょう。

しかし、リンクをクリックしてみると、「えきねっと】確認された情報」のほうはエラーが出てページが開きません。なにやってんだ、スパム業者。ちゃんとせえ。

「【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください」のほうはちゃんとサイトに行けました。こんなサイトです。

エキネット 迷惑メール

試しに「えきねっと」で検索して公式サイトに行ってみると、いっしょでした。まったく見分けがつかないくらい。

そしてさらにチェック。

ユーザーIDとパスワードの欄に「1」だけ入れてみました。

すると個人情報を入力画面に。

えきねっと 迷惑メール

当然、「へー、ユーザーIDとパスワードって1文字でいいのかー」とはなりません。嘘っぱちのクソスパムフィッシング詐欺メール完全確定というわけです。

ご注意を。

最後に

いやしかし、最近はホントに偽サイトは精巧ですね。不注意な人なら引っかかっちゃうでしょう。こんなのに引っかかっちゃうほどお人よしだと生きていくのもままならなそうですけど、そういう人も安心して生きていけるのが日本社会の良いところでもあります。

こういうメールを見てハッとしちゃうお人よしな人は、お時間があるときにでもこんな記事も読んでやってください。