コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

野球シミュレーションゲーム『ベストプレープロ野球』のスゴさ


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ベストプレープロ野球'00

どうも!コバヤシです。

今シーズンもやっぱりプロ野球は面白いですね!そして、野球が面白いとぼくは野球のゲームをやりたいと思うわけです。で、野球好きなゲーマーとしては『ベストプレープロ野球』(ベスプレ)をプレイするしかないんですね~。これはもはや義務と言ってもいい。

野球監督になれる『ベストプレープロ野球』

この『ベストプレープロ野球』は野球の監督をするゲームです。元々はレトロPC向けにリリースされていた『ベストナインプロ野球』があり、それがファミコンに移植される際に『ベストプレープロ野球』に生まれ変わりました。

『ベストプレープロ野球』は『ファミスタ』や『パワプロ』のように選手を操作なんてしません。子供じゃないので。大人は監督。シブいですねぇ。

野球の監督をするゲームというと、『ベスプレ』の他に『野球道』シリーズ、『戦略プロ野球』シリーズ、『Mr.プロ野球』、『名監督』などがありました。『Mr.プロ野球』は『野球道』同様、チーム運営の要素もあり、野球のウラの部分も見れる代物だけど、もはや誰も知りません。『名監督』は、ぼくも遊んだことありません。『戦略プロ野球』シリーズは、結構良く出来ていますが、知ってる人に聞いてください。あと、高校野球のもチョコチョコありますね。

で、この数多ある野球監督ゲームの中で一番は、やはり、『ベスプレ』に違いないのです。

なぜ『ベストプレープロ野球』なのか

ではなぜ、『ベスプレ』が一番なのでしょう。

まず第一に、試合の時のボールの軌道が挙げられます。この処理はプログラム的に複雑怪奇で難しいらしいのですが、見てて一番納得いくのはやっぱり『ベスプレ』です。ひどいゲームになると、内部でアウトと処理してても画面上は明らかにセーフのタイミングで、でもアウトって処理されてて野手が送球を待ったりするのもあります。まったくひどい。『ベスプレ』は見ててそういうことは無い。もちろん、一定数のパターンが存在するのですが、やっぱり見てて納得が行きます。

第二に、数字の“ゆらぎ”。大体、野球監督ゲームの選手たちは、いいヤツはいい、悪いヤツは悪い、てなカンジになりがちです。ですから能力の低い選手がシーズン通して好成績ってのは実際的に不可能なのです。

しかし、『ベスプレ』は違います。

最強データを持つ選手も、不本意な、まったく不本意なシーズンを送ることもあるんです。逆に、能力の低い選手が大爆発するシーズンがあったりもします。それでも、何回もペナントを走らせると、平均して納得のいく数字を残します。この辺、まったく素晴らしい。

インターネットにより登場したオンラインリーグ

『ベスプレ』は、選手の名前、能力をまったくフリーにエディットすることが出来ます。この機能により、インターネットでは、“オンラインリーグ”なるモノが存在し、各自が自分のチームを持ってペナントを戦っています。“成長ツール”によって年齢の要素が組み込まれていて新人の獲得、ベテランの扱いが重要になっていたり、外国人選手の獲得やトレードなど、オンラオンリーグはストープリーグがすごい面白いのです。

ちなみにぼくも球団を多数運営していましたが、どの消滅しちゃいました。オンラインリーグは、かつてはいっぱいあったんですが、今では少なくなっちゃいましたね。寂しいです。

待ち望む最新版

そんな『ベスプレ』、PS2やゲームボーイアドバンスでリリースされたのを最後に新作が出ていません。残念なことです。 そして、現在オンラインリーグで遊んでいるPCゲーマーの中にこそこのゲームのコアなファンがいる。だから、 PCで新作出しましょうよ薗部さん(『ベスプレ』の開発者)。

コアなファンが待ち望んでいる証拠に、オンラインリーグで使われている最後のPC版である『ベストプレープロ野球'00』はAmazonでプレミアがついちゃって2016年1月7日現在、中古で3万円になっちゃってますよう。