コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『ベストプレープロ野球』スマホアプリ化を希望します。ていうか期待してます


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


野球シミュレーションの最高峰と言っていい『ペストプレープロ野球』通称『ベスプレ』というゲームをご存知でしょうか。

納得できるボールの動き、選手データ以上に爆発したりデータ以下の成績しか残せなかったりするのにシーズンを回していくとデータ通りの数字が残る数字の“ゆらぎ”、この2つで野球シミュレーションゲームの他の追随をまったく許していません。ホントに素晴らしい野球シミュレーションゲームです。

『ベスプレ』スマホアプリにならないかなぁ!

ぼくはこの『ベストプレープロ野球』がスマホアプリにならないかなぁ…なんてことを勝手に思っております。ていうか期待しちゃってます。

単に希望するだけでなく、期待しちゃってるのには2つの根拠があります。

理由その①他の作品がすでにスマホアプリになっている

『ベストプレープロ野球』の制作者は、言わずと知れたゲーム制作職人・薗部博之さん。

薗部さんの代表作と言えば『ベスプレ』の他に競馬シミュレーション『ダービースタリオン』、そしてサッカークラブチーム運営シミュレーション『カルチョビット』があります。

そして、『ダビスタ』と『カルチョビット』はすでにスマホアプリとなっています。

ダービースタリオン マスターズ
ダービースタリオン マスターズ
無料
posted with アプリーチ
カルチョビットA(アー) サッカークラブ育成シミュレーション
カルチョビットA(アー) サッカークラブ育成シミュレーション
無料
posted with アプリーチ

この2本の薗部ゲームがスマホアプリとなったからには、次にくるのは『ベストプレープロ野球』しかないでしょう。大いに期待できる所以です。

理由その②遊べるプラットフォームでリリースするって言ってる(確か)

薗部さんと仲が良かったゲームライターの故・成沢大輔さんが書いたゲームエッセイの本『成沢大輔のゲーム仁義』の中に薗部さんと成沢さん(と須田PINさん)のインタビューが載っています。

ちょうどプレイステーション2の『新ベストプレープロ野球』がリリースされた時期で、「なぜプレステ2なのか?」みたいな質問に「遊んでもらえるプラットフォームで出す」みたいなことを言ってました。ような気がする。確か。うるおぼえ。

みんな何で一番ゲームしてる?って考えたら、もしかしたらスマホが1番かも知れませんよ。

だとすると!

もう『ベストプレープロ野球』がスマホでリリースされるのは時間の問題じゃないかっ!

と思うわけです。

でも問題もあるっ

でも、『ベストプレープロ野球』をスマホアプリにするには問題もあります、ぼく的に。あくまでもぼくが勝手に考える問題点ですけど、2つあります。

野球は時間をとられる

まず考えられるのは、ゲームする時間の長さ。野球は時間の仕切りの無いスポーツですので、野球ゲームって時間を長く取られがち。

スマホでゲームする人ってスキマ時間にゲームをする人が多い気がするので、まるっと一試合やる時間を割く人は少ないかもしれません。

今、ぼくも遊んでるコロプラの野球ゲームアプリ『プロ野球バーサス』なんかは、その辺を鑑みて基本で遊ぶモードの試合は2回までで3点コールドです。1回裏にサヨナラ3ランなんかも飛び出します。

プロ野球バーサス
プロ野球バーサス
開発元:COLOPL, Inc.
無料
posted with アプリーチ

いや、面白いんですけどね。しっかりスマホに特化するにはこれくらいじゃないとイカンのでしょう。

その辺を、“職人”の薗部さんが納得できるかどうか、これは問題ですよ。

選手ガチャ

『ベスプレ』は何の制限もなく選手をエディットできます。全選手の全ステータスをMAXにすることも可能です(つまんないからやんなくなるけど)。そうやって実在の選手を自分の思うデータに変えたり、完全にオリジナルな選手を作ってオリジナルなリーグを制作することも可能です。この自由さ、『ベスプレ』の特徴のひとつです。

もしスマホアプリになった場合、その自由さをそのまま移植するかどうか。

なんとなく、スマホアプリなんだから選手ガチャみたいのが導入されてそれでチームを作ろう!なんてことになりそうな気がします。ポチポチひとりひとりデータをスマホで作っていくのも大変でしょうし。でもそれって全然『ベスプレ』っぽくない。

なんかイヤだなぁ。

最後に

しかし、問題はあれど、やっぱり『ベストプレープロ野球』のスマホアプリ化は希望しますし期待します。それで手軽に『ベスプレ』したい。

あ、もちろんPCでガチに作り込んでくれてもいいですよ、薗部さん。いつまでも待ってます。

ていうか、何の噂も無いリリースされないゲームのためにこんなの書いちゃうぼくって何だろう(笑)