コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『5つのネイト+』で個人制作ゲームの夢が広がる


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


『5つのネイト』というスマホアプリゲームがあります。

このブログでも事前登録が開始されたときに紹介させていただきました。

www.cobalog.com

そういえば、遊んでるけどレビュー書いてないですね…。

まぁそれは横に置いといて。

この『5つのネイト』に驚くべき展開がありました。

『5つのネイト+』

この『5つのネイト』、なんとニンテンドースイッチでリリースされるらしいです。

タイトルは『5つのネイト+』。

単なる移植ではなく、シナリオやボスなどが追加されてもう一度遊べる仕様になっているらしい。

これを機に、ゲームに内蔵されている攻略本を見ながらのんびりと遊んでみてはいかがでしょうか。

まだ遊んでない方は、まずはスマホ版をどうぞ。

5つのネイト コマンドくるくるRPG

5つのネイト コマンドくるくるRPG

koki kawano無料posted withアプリーチ

広がるゲーム制作の夢

それにしても。

よく考えたらこれってスゴいことなのでは。

だって、先の記事に書いたとおり、この『5つのネイト』って個人制作のゲームですよ。それがNintendo Switchでリリースされるって、すごくないですか。作ったのは元々ゲーム会社に勤めてた人ですから、そりゃそれなりのレベルの作品も出てくるのかもしれませんが、それを差し引いてもそんな簡単なことじゃないでしょう。いかにインディーゲームがリリースしやすい状況が整ってきているとはいえ、そこまで持っていくって、滅茶苦茶ものすごいことです。

すごいすごいって、語彙力のなさが露呈してますが、すごいですよこれは!

だって、個人制作でもしっかりいいものが作れれば商業ベースに乗せることができるんです。ゲームを作りたい人は、ヤル気も出てくるでしょう。そうなれば益々いいゲームが出てくるでしょう。今まで「ゲーム作りたいな」と漠然と思ってたゲーム好きのオッサンもUnityを勉強しだすかもしれません。現にぼくは長男に「ちょっとUnity教えてや」とか言っちゃいましたし。

「趣味としてゲーム作るのもいいかもね」なんて思う人が増えるのは、なんだか面白いことじゃないですか。

最後に

こういった事例が増えてくると、インディーゲームの裾野が拡がり、インディーゲームならではの尖った面白いゲームがドンドン遊べる日が来るのは間違いないでしょう。

それはゲーム好きにとっては嬉しいことこの上ない。

よーし、ぼくも…。