コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

『ファミコン通信』(現『ファミ通』)の創刊号から第3号が1月31日まで無料で読める!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


電子書籍ストア『BOOK☆WALKER』で、2022年1月21日~1月31日の間、『ファミコン通信』の創刊号~第3号までを復活した『復活!ファミコン通信 <創刊号~第3号>』を無料で配布するそうです。

『ファミコン通信』創刊号ったら、べーしっ君が表紙のアレですよ。

アレが無料で配布されるなんて、もう読むのはウッボーですね。この記事を読みにきたひとはウッボーわかるよね?

『ファミコン通信』創刊号

ファミコン通信創刊号

『ファミコン通信』(現『ファミ通』)は、パソコンゲーム雑誌『ログイン』の1コーナーが独立するカタチで、1986年6月6日に登場した家庭用ゲーム雑誌です。

1995年に「コン」と「信」が行方不明になり『ファミ通』と名称を変更しました。

まぁおそらく、みんなが一番お世話になったゲーム誌だと思うのであんまり説明は必要ないですよね。

ちなみに創刊号で最初に紹介されているゲームは『ゼルダの伝説』で、売上ランキングの第1位は『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』でした。

みんなガバス集めてた?

復活! ファミコン通信<創刊号~第3号>

そんな『ファミコン通信』の創刊号から第3号が、BOOK☆WALKERで期間限定で無料配布されるわけです。

期間は2022年1月21日0時00分から2022年1月31日23時59分まで。つまり、今月いっぱい。

利用するにはBOOK☆WALKERの無料会員登録が必要ですが、会員登録して『復活!ファミコン通信 <創刊号~第3号>』を取得すると、KADOKAWA Game Linkage作品に使える35%OFFクーポンがプレゼントされます。

また、月額836円(税込み)の、“マンガ・雑誌 読み放題”に加入すると、閲覧期間が終了している約300号の『週刊ファミ通』が2022年1月31日まで読めるキャンペーンも開催しているらしいので、そちらも合わせてどうぞ。

『BOOK☆WALKER』とは何ぞや

ところで、今回散々登場している『BOOK☆WALKER』とは、一体なんでしょう。

ぼくは正直電子書籍界隈に疎く、今回の件で初めて知ったのでちょっと調べてみたらKADOKAWAの直営電子書籍サイトなんですね。

ああ、テレビCM見たことあるかもしれません。あれか!全然リンクしてませんでした。

なるほど、アプリもあるんですね、これはなかなか便利そうだ。

BOOK WALKER - 電子書籍アプリ

BOOK WALKER - 電子書籍アプリ

BOOKWALKER無料posted withアプリーチ

最後に

そんなわけで、懐かしい『ファミコン通信』を読むチャンスです。

ぼくも、創刊号が読めるなら、そろそろ生活に電子書籍を取り込んでもいいかもしれないと思い出しています。

そうか、ぼくみたいな人を新規で取り込むために『ファミコン通信』創刊号なのか…。それだったら『ログイン』も頼む…ってカンジですけど。

↓公式の概要です。ここから会員登録もできます。

bookwalker.jp

ちなみに、Kindle版は現在550円ですな。