コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

東北道鹿沼インター近くの『味の店 さつき』の「豚ロース・スタミナ焼」を爆食いしてきた


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


先日、仕事で栃木県宇都宮市に行ってきました。宇都宮ですが、東北道の最寄りのインターは鹿沼インターで、インターをおりたころがちょうど昼飯どきだったので、たまたま近くで見つけた割と古そうな食堂に入りました。その名も『味の店 さつき』。

なんというか、めっちゃくちゃ年季が入った外観でしたが、入ると中も相当の年季の入りよう。店には老夫婦が二人。

メニューを見ると、拍子抜けするほど少ない。

豚ヒレカツ(味噌汁・ライス)1600円

豚ロース・スタミナ焼(味噌汁・ライス)1500円

上カツライス(味噌汁)1450円

カツ丼950円

ジンギスカン・野菜1100円

野菜炒め(味噌汁・ライス)1050円

ライス・豚汁付500円

ビール一本650円

コカコーラ一本250円

これがすべて。

「じゃあ、豚ローススタミナ焼ってやつで」ぼくは何も考えずに注文しました。

豚のロースで1600円。高いよなって後から思ったんですけど、それが妥当だとのちに知ることになります。

豚ロース・スタミナ焼

ほどなくして豚ロース・スタミナ焼がやってきました。

しかしこれは一体…!?

味の店 さつき 豚ロース・スタミナ焼

え?山?

わかりますか、山。アップにするとこう。

味の店 さつき 豚ロース・スタミナ焼

スゲェ

山盛りのキャベツに覆い被さるようにトンテキが載っているいるわけですが、1枚でも十分なのにそれが4~5枚あります。

味噌汁は豚肉も入ってるので味噌汁というより豚汁か。このメニューに豚汁。

正直、「食べられるかな…?」と不安になりましたが、もう食うしかありません。

実食!

というわけで、いただきました。

ロース肉は適度に脂身があり、ところどころにあるコゲがカリっとしていてそれが口触りのアクセントとなって、しかも味付けはかなり濃い目で非常に好みの味です。ウマい。

ウマいけど…。ウマいんやけど…。

多い!

豚ロース2枚ほど食べるともう脳と腹が「もう結構」と言ってきたので、あとはもう戦いです。少しでも食べやすくしようとキャベツとともに口に入れるのも一苦労。ウマいのに身体が拒否しだす…。

大盛りといえば、埼玉県入間市の『古都』というお店も以前お伝えしましたが、あのときの感覚をハッキリと思い出しましたね。

www.cobalog.com

あのときは負けたけど、今回は負けねーぞ!

元々出されたものは絶対に残したくない勢のぼくは、以前の敗北を思い出し、奮起しました。

ウマいウマいクドいクドいウマいクドいクドいクドいクドい!

皿には肉から染み出た脂とタレが混ざったものがタプタプと溜まっており、それが肉に絡むとウマいけど殺人級にクドくなります。でもめちゃウマい!

結果、ちゃんと完食してやったぜ!

人懐っこい老夫婦

ところで、このお店に入ったときはぼくたちだけだったんですが、店の唯一の暖房器具である石油ストーブの前のテーブルに座ったんですね。

すると、食べてる最中にそのストーブの前に店主がイスを持ってきて座り、めっちゃくちゃぼくらに話かけてきたんです。夫婦お二人とも非常に人懐っこくて話好きな模様。

青森から東京の1週間かけた駅伝に若い時に出場したこと(ぼくの生まれる前!新聞記事も店に貼ってある)、テレビ局の取材の依頼を断ったこと、そのときに市役所の人が「何で?」と言いに来たこと、MAX鈴木さんが食べに来たことなど、色んな話を引っ切きりなしにしてくれます。

あのー、ぼくたち食べてるんですけど?みたいな。

ですから、ひとりでゆっくり食べたい人は他にもお客さんがいるときに入ったほうがいいかもしれません。

いや、いい人たちですよ。ぼくは楽しかったです。

店舗情報

店名:味の店 さつき(Googleマップでは「さつき食堂」になっています)

住所:栃木県鹿沼市上石川1055-7

営業時間:11時~14時

電話番号:0289-76-2624

最後に

というわけで、『味の店 さつき』の豚ロース・スタミナ焼、非常にウマいので是非挑戦してみてください。

50前のオッサンの胃にはキツすぎましたけど、若い人は満足できるでしょう。

店主の話を聞きたい方も是非!