コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

長男が二十歳になったのでいっしょに酒を飲んだ


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


先日、ウチの長男が二十歳の誕生日を迎えまして。ええ、もう立派な成人です。

なので、いっしょに酒などを飲みました。ちょっとだけど。

そりゃあもう、感慨深いものがありますよね。

f:id:gaou2:20200901015659p:plain

二十歳になった長男

長男が二十歳になったということは、このいい加減なクソ人間であるぼくが親になってから20年経ったということです。

なんというか、信じられない。

そうそう、この『コバろぐ』の熱心な読者さん(いるのか?)なら知ってると思いますが、このブログを始めてすぐに彼は中学を卒業したんですよ。

www.cobalog.com

え?それが二十歳?このブログもうそんなに続けてんの?みたいなカンジですが。

よく考えたらちょくちょくこのブログのネタにもなってくれてますよね。生まれたときのことも書いた。

www.cobalog.com

とにかく、その長男が二十歳。このブログを見るだけで中学卒業から高校生の球児としての生活などを思い出させてくれて便利ですが、やっぱり成長してますよね、我が子。当たり前ですけど。その間、ぼくは何にも変わってない気がしてちょっと落ち込んだりしちゃいそうですが。

いっしょに酒を飲んだ

待ちに待った日

で、この長男が生まれたときに考えた「この子とやりたいことリスト」というのがありまして。全然明文化してないので曖昧すぎるほど曖昧ですが「補助輪なし自転車を押してコッソリ手を離してあれ?乗れてる?」みたいなやつがたくさんあって、それらは割と達成してきておそらく最後に残ったやつを今回達成してやったんですよ。

すなわち、「二十歳になったらいっしょに酒を飲む」ってやつです。

これのせいで8月に入ってから妙にソワソワしてたんですよ実は。「もうすぐ、いっしょに酒を飲める」とか考えちゃって。

今までも実を言うと誘ってたんですよ。ぼくも高校生の頃には飲み始めてましたし(犯罪)。でもヤツは誰に似たんだかその辺は非常に真面目で、「未成年のウチは酒を飲んではいかんのだ」と言って聞きませんでした。だから余計に楽しみだったというか何というか。

とにかく、彼の二十歳の誕生日は、待ちに待ってた日ですよ。

先にやってた長男

で、その日がついに来たってもんです。

その日は仕事だったので家に帰るのを楽しみにしてたんですが、帰ってみたらカミさんのビールの缶のほかに絶対に我が家にはないチューハイの缶が2本(ぼくとカミさんは極端なビール党でほぼビールしか飲まない)。

「え?もしかしてもう飲んだ?」と聞くと「飲んだ」と。

ちょっと待ってよマジかよ。と思ってたらカミさんが「でもビールはお父さんと飲むって待ってた」と。

なるほど。

ぼくは急いでシャワーを浴びて秒で風呂場から飛び出し、長男と乾杯をしたのです。

乾杯して思ったこと

二人で乾杯した瞬間、ぼくも予想してなかったんですが、彼が生まれた日のことがババーっと頭を駆け巡りした。そこから一歳のときに山の牧場で縦横無尽に走り回ってるのを追いかけ回してバテバテになったことや、三歳くらいのときに「プラレールの車両が欲しい」とダダをこねて大泣きしやがったので帰宅早々買いに行ったことなどなど(全部書くと26万文字ほどになりそうなので割愛します)たくさんのことが一瞬でバババーっと頭をめぐるんですよ。こんなになるとは思わなかった。走馬灯ってやつですか?死ぬのか?

それと同時に、今までの育て方はどうだったのかと自問もしちゃいました。長男の場合、ぼくと同じ轍を踏まないようにと願ってことさら厳しくしちゃったので、そのことについてどう思ってるのか聞きたくなりましたが、それを聞くのはまだ早いな、と思いやめました。これはぼくが引退して彼のカネで外で2人で飲むときの話題ですよね、きっと。

息子との初めての乾杯ってのはスゴいもんですね。生まれたときからこれから先の未来までのスパンのことが一瞬で頭の中を駆け巡るんですから。

最後に

というわけで、長男よ二十歳の誕生日おめでとう。

ちょっと困るのは、彼がこのブログの存在を知っているはてなブロガーになっちゃったということ。

この記事を読まれるのはあまりよろしくないなー。

とはいえ、彼も成人だし、ま、いっか。

いや、恥ずかしい。