コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

パンパシフィックの「パン」って何!?


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


ただいま絶賛開催中の『パンパシフィック水泳選手権大会2018』。日本人選手が割とメダル獲ってて嬉しいですね。

しかし、気になるのは「パンパシフィック」の「パン」。

一体「パン」とは何なのか?

【SHOP SHIMATARO】ジャンボスクイーズ 大きいパンセット バラエティー 10個セット

パンはパンだもんね。

パンパシフィックの「パン」

いや、パシフィックは分かるじゃないですか。Pacificは太平洋ですよね。

そのパシフィックの前にパンが付く。ぼくの場合、読むときはどうしても「パン!パシフィック」みたいになります。「パン」を強調しちゃうんです。

パンパシフィックの意味

最初に「パンパシフィック」の意味を言っちゃうと、環太平洋ということみたいです。

これにも「主な意味 環太平洋」と書いてあります。

しかし、「環太平洋」を英語でいうと、パシフィック・リム(Pacific Rim)じゃなかったでしたっけ?調べてみると、パシフィック・リムで合ってる。そして、それ以外にも「circum‐Pacific」とも書くそうな。

「環太平洋」の英語表記、割とあるんですね。

パンパシフィックの「パン」

「環太平洋」の「環」は、輪っかということです。だからパシフィック・リムっていうんですが、じゃあパンパシフィックの「パン」に輪っかという意味があるのかというと、そんなことはありません。

じゃあ何でパンパシフィックが「環太平洋」になるんだおかしいじゃないか責任者出てこい!と言われそうですが、確かに「パン」には輪っかという意味はありません。

実はこの「パン(pan)」、書くならば「汎」とか「全」とかいう意味で、ギリシア語由来らしい。意味合い的には、例えば「全日本(オールジャパン)」のオール(All)なんかよりも範囲としてボンヤリしてるイメージかな。

だから、パンパシフィックは、「環太平洋」とか「太平洋に接してる」とか「太平洋沿岸」とかよりも、もっとボンヤリしてる感じ。「太平洋に接してるあたりの~」みたいな感じ?みたいなイメージ。

使い勝手が悪い「パン」

「パン」が、上記のようにボンヤリとした「全部の~」みたいなニュアンスなんだとしたら、「パンパシフィック」のように単語の前に「パン」がくっついた言葉って他にないのか。

そんな風に思って色々考えてみたんですけども、他に無くないですか、「パンなんとか」という言葉。

もしかして、「パン」はパシフィックにだけ付く特別な言葉なんでしようか。

誰か何か「パン」がつく言葉を知ってたら教えてください。

最後に

まぁ、ごちゃごちゃ言わないで「パンパシフィック」=「環太平洋」って覚えちゃっていいんでしょう。

こういうのにぶち当たったときに、いつもこんな風に頭の中でこねくり回してしまうから、無駄な知識ばっかり頭に詰め込まれてるんだなぁ。今さら反省。

というわけで、日本の水泳陣には頑張っていただきたいですね!(無理矢理〆る)