読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

【WBC】侍ジャパン、キューバをねじ伏せて幸先のいいスタート!14安打11得点で勝利!


★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


いやー!いよいよ侍ジャパンの戦いが始まりましたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)!

2017年3月7日、日本が戦うプールBも東京ドームで開幕し、日本代表侍ジャパンはキューバと対戦し、見事勝利しました。

本日は仕事も休みでゆっくりビールのみながらテレビ観戦、やっぱ野球はいい!

日本代表(侍ジャパン)も勝って良かった!勝ち方は良くないけど!

打線爆発

初回に1番・山田、2番・菊池がアウトになってから3番・青木、4番・筒香で1点取れたのは大きかったと思います。

追いつかれたあとの4回に山田のタイムリーが出て、その勢いのまま5回に8番・松田のスリーラン含む打者11人5点の猛攻。そしてダメ押し7回の筒香のツーラン!

これ以上ない点の取り方で11点。

11点取れば楽勝でしょ!?

投手は…、守りはGood!

投手のほうは先発の石川は1回にモタついた以外はさすがの投球でしたね。

でも2番手の則本がちょっと心配ですね。なんか国際試合に弱いイメージが出来ちゃったかも知れません。

そのあと岡田、平野、秋吉、牧田とつなぎましたが、さすが常にリリーフしてる投手といったカンジでした。

しかし、平野を変えるタイミングがちょっと良く分からんかったです。1/3だけ秋吉に投げさせたのはなんでなんだろう。秋吉が踏ん張ったから良かったんですけど。

守備はもうセカンドの菊池。初回のノーアウト1,2塁での菊池の守備からのダブルプレーがなかったらこの試合はどうなってたかわかりませんし、あのダブルプレーは菊池じゃないと取れなかった。さすがです。

あとセンターの青木も2つばかり、抜ければキューバに流れをもっていかれそうなボールをキッチリ取りました。さすがメジャーリーガー!

勝ちたかった初戦

日本は、1次ラウンドをキューバ、オーストラリア、中国と戦うわけなんですが、ハッキリいって勝ち進むのは問題ないだろうと思ってました。初戦のキューバ戦さえ獲れれば。

もし、ここを落としてたら残り2つを勝たなければならなくなってプレッシャーがハンパないですから。そこからオーストラリア、中国にも負けちゃう可能性もありました。野球はメンタル面が強くでちゃうスポーツですから。

しかし、キューバ戦を勝ったことでラクになって残り2戦も勝つ可能性は増えましたね。

しかし、打ち合いをしてたらダメなんですよね、短期決戦は守備!投手含む守りが大事です!

最後に

でも初戦は勝つことが大事!勝ったから良かった!このまま1次ラウンドは勝って勝って勢いつけていきましょう!

そうしないとおそらくプールAを勝ちあがってくるイスラエルの勢いに勝てない…かもしれない…(今日も台湾に勝ちよった!)。