読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

【WBC】侍ジャパンがイスラエルを撃破!6連勝で決勝ラウンドへ!

スポーツ

★Kindle本は安く買おう→【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】


3月15日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の2次ラウンド日本対イスラエルの試合が行われ、日本が8-3でイスラエルに勝ちました!

これで日本代表侍ジャパンは6連勝で決勝ラウンドにむかうことになります!

イスラエル戦を振り返る

重苦しい展開

第一試合でオランダがキューバに勝ったので、勝って自力で決勝ラウンド進出を決めたかったイスラエル戦、千賀の先発で開始となりましたが、苦しんでましたねぇ。

千賀は多分、調子悪かった。それでも1回最初にヒットを食らっただけでゲームを作ったのはさすがでした。

打線もランナーを出すもののあと一本が出ず、重苦しい雰囲気で0対0のまま5回を終えました。

筒香!

6回にこの男が一振りでそんな重苦しい雰囲気を消し去りました。

MIZUNO(ミズノ) 侍JAPAN レプリカユニフォーム [ビジター] [番号/個人名有り] [筒香] 12JC5X9725 サムライネイビー×グレーダイヤモンドストライプ S

侍ジャパン不動の4番、筒香嘉智!

筒香がバックスクリーン脇へ目の覚めるようなホームランを放ち、試合が動きました。このホームランをキッカケに打線が奮起し、終わってみれば先発全員安打の13安打を打ち8点を挙げました。

牧田!?

8-0という余裕の状態で9回に登場したのは、“もう守護神で固定でしょ”牧田。

3人をピシャリと抑えてくれるかと思いきや、3失点。ズルズルと打たれて不安になりましたが、まぁ、得点差があったので問題なかったですけども。

今までほとんどの試合を緊迫した場面で出て来て抑えてくれてたので文句は言いません。ちなみに、牧田は前大会から通じて初の失点です。うん、記念だ、記念。

ともかくも、侍ジャパンは第1ラウンドから無傷の6連勝でオランダとともに決勝ラウンドへ進出することとなりました。

第1ラウンド、第2ラウンドをザックリ総評

ここらで、今回の侍ジャパンの戦いっぷりを振り返ってみたいと思います。うん、野球ファンの道楽ですから。野球好きならみんなもうやってるでしょ(笑)

とにかく6連勝。勝てば官軍負ければ賊軍ってわけではありませんが、勝たなきゃ意味がないので結果はオーライですね。

攻撃面は何も問題ないでしょう。

割と打線もいじってましたが、それぞれの選手がそのときの自分の役割を理解してそれに徹しているように見えます。筒香、中田という中軸にもしっかりホームランが出ましたし、不調だった青木も最低限の仕事をしてますし。

もうほっておいてもドンドン得点しそうな雰囲気。

菊池、青木を中心に守備も問題ないです。中でも菊池のアメイジングな守備はMLBの公式サイトに紹介されるほどです。ホンマにメジャーで守備で食っていけるレベルになってきました。

また、キャッチャーの小林が今大会で攻撃面含めグングン成長してるように見えます。リードやキャッチングよりも、ピンチのときのマウンドにいくタイミングとかが何だか素晴らしい。

どうも不安なのが投手。

いや、個々は素晴らしい活躍をしてると思います。そうなんですけど先発が踏ん張るとリリーフ陣が崩れたり。逆に先発が失点を重ねても継投で粘るとかあるんですけどね。どうも投手それぞれが自分の役割がどうなるんだか理解できてなくて調整しきれてないように見えてましたね。でもそれも6試合戦って段々見えてきましたしいいんじゃないでしょうか。

最後に

侍ジャパンは、全体的にいい状態で決勝ラウンドへ向かうことができると思います。どこが来ようが侍の野球をやってればいい勝負ができるでしょう。

期待!