コバろぐ

社会人ブロガー頑張る

書籍

【お買い得】現在進行形のKindleセール情報!【随時更新】

随時更新のKindleセール情報まとめページです。うまく使ってお得に読書!

現代の浮世絵師・山田全自動のシュールな“あるある浮世絵”が書籍に!『山田全自動でござる』

ちょんまげの人たちで現代社会のあるあるを表現した山田全自動さんのイラストをご存知でしょうか。面白いので是非。

マクドナルドに行くじゃろ。Wi-Fiに接続するじゃろ。するとKindle本がもらえるんじゃ。

FREE Wi-Fiに接続するとKindle本が1日1冊、最大で11冊もらえちゃうキャンペーンがAmazonとマクドナルドのコラボで実現!

『地獄少女』がアニメになってるとか言うから見ようと思ったら思ってたのと違った

『地獄少女』違い。人気のアニメの『ッ地獄少女』とぼくが思う『地獄少女』は別モンだった。

『だいふくもち』という怖い絵本を読み聞かせたら喜んで聞いていたウチの子

不気味な怖い絵本『だいふくもち』を読み聞かせて子供に喜んでもらう方法

「いい部屋ネット」の桜井日奈子さんがCMメイキングフォトブック『桜井日奈子CM MAKING PHOTO BOOK』をお出しになる

桜井日奈子さんに2年密着したCMメイキングフォトブックが登場!ファンはチェックを。

クズだったぼくが読んでむせび泣いた漫画を2作品紹介します

現実の上をホバークラフトのようにフワフワして逃げ回ってる人が読んだら泣いちゃう漫画。

野性爆弾くっきーの顔真似がついに本になった!『野性爆弾くっきーの[激似顔マネ]図鑑』がヤバい

白塗りの顔にスーツ。野生爆弾くっきーワールドが炸裂の『野性爆弾くっきーの[激似顔マネ]図鑑』!

Amazonほしいものリストに『うんこ漢字ドリル』を追加した

子供たちが熱中して漢字の練習を始める!『うんこ漢字ドリル』絶賛発売中!

『忍者増田のレトロゲーム忍法帖』が単行本化!『パックランド』『いたスト』『ウィザードリィ』などが収録されます

AKIBA PC Hotline!で連載されている『忍者増田のレトロゲーム忍法帖』が単行本化!

水玉螢之丞がファミ通(ファミコン通信)に連載していたゲームイラストエッセイ『元祖水玉本舗』が単行本化!

ファミ通に連載していた、故・水玉雪之丞さんの『元祖水玉本舗』が単行本化!

清水富美加改め千眼美子の本『全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~』のAmazonカスタマーレビューがアツい

『全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~』という本が話題です。先日、芸能界を引退した清水富美加さん改め千眼美子さんが書いた本です

野球漫画の不朽の名作『キャプテン』が38年ぶりに復活!読みたいような、読みたくないような…

野球漫画不朽の名作『キャプテン』の続編が登場!描くのはコージィ城倉先生!

自信を持ってオススメする歴史エッセイまとめ

実際に読んだ歴史エッセイの中から、ホントに面白かったモノをピックアップしてご紹介します。

鈴木光司『なぜ勉強するのか?』を読んでみたら、ブログを書くのにも役立ちそうだった

なぜ勉強をするのか。その答えのひとつかもしれません。そしてその答えはブロガーさんにも役立つかもしれません。

実は真を突いてるかも知れない戦国4コマ。山科けいすけ『SENGOKU』

面白く戦国の歴史を知る。4コマ漫画『SENGOKU』を紹介します。

フワフワモフモフプニプニ!ねこの手はいいよな

猫の手を集めた写真集『ねこのおてて』が2月9日に発売となります!

『死ぬまでにやりたいゲーム1001』を読んで情報量にクラクラした

ゲーム好きなら絶対読んでいただきたい『死ぬまでにやりたいゲーム1001』のご紹介です。

『ぼのぼの』は笑いと癒しと哲学の宝石箱や~!

人気の『ぼのぼの』について。しまっちゃうおじさんについてももちろん書いています。

司馬遼太郎『ビジネスエリートの新論語』を読んで司馬遼のルーツに触れた

司馬遼太郎が本名の福田定一の名前で昭和30年に刊行した書籍が復刻しました。 その『ビジネスエリートの新論語』を読んだので感想を。

ぼくが今までに読んだブログ本を振り返る

ブロガーが今までに読んだブログ本を大公開!

『ファミコンコンプリートガイド』ファミコンの全ソフトのカートリッジとパッケージを網羅した完全ガイド、11月26日発売

すべてのファミコンソフトのカートリッジ、パッケージの写真を堪能できる、必見の本です!

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに復活した『ファミコン通信』と『ファミリーコンピュータMagazine』、どっちが人気だ?

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに復活した『ファミコン通信』と『ファミリーコンピュータMagazine』の人気調査(『コバろぐ』のみ調べ)

久々に浜村弘一さんの『ゲームばっかりしてなさい。』を読んだ

浜村通信こと浜村弘一さんの、ゲーム好き親子の正しい生き方!息子さんがいるゲーム好きさんは読んで!

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに、『ファミリーコンピュータMagazine』も復活!

『ファミコン通信』に続き、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』の発売にあわせてあの『ファミリーコンピュータMagazine』(通称ファミマガ)も大復活!

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』とともに、『ファミコン通信』復活!

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』の発売にあわせ、『ファミコン通信』が復活します!

またまたAmazonほしい物リストから欲しい本をいただいてしまいました。感謝!

Amazonのほしい物リストからまたいただきました。ありがとうございます。

【Kindle】集英社 秋マンキャンペーン2016実施中!無料試し読みとまとめ買い!9月15日~11月9日

『ジョジョ』も!『バクマン。』も!『テラフォーマーズ』も! いよいよKindleの「集英社 秋マンキャンペーン2016」が始まりました!

ガンダム世代に捧げるガンプラ本『ガンダム・エイジ ガンプラ世代のためのガンダム読本』

ガンプラに並んだ世代なら絶対に読むべきガンプラ本!

うおおーっ エキサイティングだぜーっ!!『ファミコン通信』創刊号が復活します!

なつかしの『ファミコン通信』の創刊号がAmazonのオンデマンド印刷で復活します!

石田章洋『インクルージョン思考 複数の問題を一気に解決する』を読んだら、マリオの話が印象的だった

石田章洋さんの『インクルージョン思考 複数の問題を一揆に解決する』を読みました。

石田章洋『一瞬で心をつかむ文章術』を読んだら記事がスラスラ書けそうな気がしてきた

『世界・ふしぎ発見』などを手がける放送作家、石田章洋さんが書いた『一瞬で心をつかむ文章術』を読んでみた

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(通称こち亀)及び両さんを今後も楽しむ3つの方法

ついに最終回を迎えた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。しかし、あの手この手でまだまだ両さんを楽しませることができるんです。

「いい部屋ネット」のCMでお馴染みの桜井日奈子さんがファースト写真集をお出しになります

「いい部屋ネット」のCMでお馴染みの桜井日奈子さんが、このたびファースト写真集をリリースいたします。ファンとして告知の義務を果たします。

『こち亀』連載終了!コミックス200巻で40年の歴史に幕引き

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が連載終了に。寂しい!

さあ笑おう!おすすめシュール4コマ漫画20選!

シュールな4コマを厳選して掲載しています!

『ポケモンGO』の攻略本がKindleで出てるのでご紹介!

Kindleで『ポケモンGO』の攻略本が出ているので、軽くご紹介!

元祖アンパンマンはただのオジサンです(ただし、空は飛べる)

元祖アンパンマンはお腹の出たおじさんです。しかし、本当のヒーローなんですよ。

男なのに読んでた『りぼん』の漫画4作

男のくせに『りぼん』のページを開き、男のくせに『りぼん』を読んでいました。そのときに面白かった漫画をご紹介します。

私的奇面組キャラクターランキングベスト10を発表します

ギャグマンガの名作『奇面組』の登場人物を好きな順に10人出してみました。考えててむっちゃ懐かしくなったwww

すぽーん!なんと『べーしっ君 完全版』発売だって!ごさーん!

パソコンゲーム誌『ログイン』、ゲーム誌『ファミ通』に連載されていた『べーしっ君』が復活です!

大河ギャグロマン『風雲児たち』は教科書読むよりも勉強になるかも!?

是非みなさんに読んで欲しい漫画です。日本史の楽しみ、江戸時代への理解を知るために超絶オススメです!

別冊宝島の歴史関連3冊を紹介!気軽に歴史が楽しめるムック!

別冊宝島の歴史関連の3冊をご紹介。 肩肘張らずに楽しめるので「歴史ムズカシイからキライ」という人にもおすすめ。

児童文学の傑作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』は大人も楽しめる良質な文学作品です!

みなさんは児童文学の『冒険者たち』をご存知でしょうか。アニメの原作でもある、大人も楽しめるエンターテインメント作品をご紹介します。

レトロゲームのことを読みたくなったときに紐解く書籍7冊

ぼくが愛するレトロゲームについて書いてある、ぼくが愛するレトロゲーム本について書かせてもらった!

北方謙三「大水滸伝シリーズ」のススメ

北方謙三が構築しなおした中国四大奇書のひとつ『水滸伝』。そのシリーズの魅力にせまります。

『氷と炎の歌』(ゲーム・オブ・スローンズ)のススメ

『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作本『炎と氷の歌』シリーズの感想を中心に、この物語の魅力について考えてみたんですよ!

高校生になった長男に『竜馬がゆく』だけは読ませるんです

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が座右の書です。若者の行動のすばらしさを描いたこの作品を、息子に強制的に読ませちゃうんです。

ファイナルファンタジー?なにそれおいしいの?“FF”っつったらファイティング・ファンタジーだろうが!

懐かしの名作ゲームブック『火吹き山の魔法使い』からのシリーズについて時間かけて書いた。疲れた。

ログインと日本クリエイトがタッグを組んでリリースしたムック『WinRogue』が本棚を整理したら出てきた

1997年に発売されたムック『WinRogue』が発掘されましたので読んでみた。懐かしい。